ハースF1、経験豊富なリザーブドライバーの起用を検討
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年F1マシンの開発を支援するために経験豊富なリザーブドライバーと契約することを検討していると語る。

ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの新人ペアを起用するハースF1は、グリッド上で最も経験の浅いドライバーのラインナップとなっており、来年もそれは変わらない。

2022年にF1レギュレーションの変更が行われるようになると、新しいマシンを理解するためにこれまで以上に多くの作業を行う必要がある。それを考えるとギュンター・シュタイナーは、年配のリザーブドライバーがチームの理解を助けることができると認める。

「完全にその立場にいる。我々にはリファレンスがない。リファレンスを欠いている。そして、それは経験豊富なドライバーだ」とギュンター・シュタイナーは語った。

「したがって、我々はそれをどのように行うのかを正確には分かっていない。これらのことを行うには複数の方法がある。それについて少し話をしたが、実際には何も完了しなかった」

「しかし、私は彼ら(シューマッハとマゼピン)がどのようにやっていくのかを見たいと思っている。そして、それらがどれだけ改善されたかなどのデータから多くのことを見ることができ、多くの情報を得ることができる」

「我々がそこに辿り着けば、必要に応じてその解決策も見つかるだろうが、必要かどうかは分からない」

リザーブドライバーがプラクティスセッションで使用された場合に発生する問題の1つは、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンがF1マシンで過ごす時間が少なくなることだ。

ギュンター・シュタイナーはこれを認識しているが、とにかく彼らがF1マシンをもっと快適に感じることを望んでいると語る。

「リファレンスドライバーのために予約するのは常に難しいことだ。そうすれば、テストやすべてのことで彼らをマシンから降ろすになるだろう。そして、我々はある段階でその時点に到達しなければならないと思う」とギュンター・シュタイナーは語る。

「私はそれをエンジニアと社内で話し合っている。チームにとって何が最善かについて話し合っているが、私たちは決定を下していない。これらのアイデアはたくさん浮かんでいる。しかし、我々はその決定を下していない」

「我々がこれをする必要はなければ望ましい。なぜなら、リファレンスを与えるためだけに誰かを入れて、レースドライバー]運転する時間を失うなら、それも良くないからだ。したがって、決断するのは非常に難しい」

「そして、我々のマシンが十分に安定していて、可能な限りすべてのものを取り出すことができることを願っている。マシンが優れているほど、開発が容易になる。安定したマシンは自信を与え、より速く走ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース