ハースF1代表 「ルーキー2人を起用する長所と短所は把握している」
ハースF1のギュンター・シュタイナーは、2021年に2人のルーキーを起用する可能性を認める。

ハースF1は、F1ポルトガルGPで先駆けて、2017年からドライバーを務めてきたロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンという現行ラインナップの2人と来季は契約を更新しないことを発表。2つのシートが空席となった。

2021年はニキータ・マゼピンとミック・シューマッハという2人のルーキーを起用する可能性が噂されている。ニキータ・マセピンはロシアの大富豪であるドミトリー・マゼピンが巨額なスポンサーマネーを持ち込むとされ、ミック・シューマッハはチームにエンジンを供給するフェラーリの契約ドライバーだ。

2016年にF1に参入して以来、ハースF1はライバルとは異なる方法でスポーツにアプローチしてきた。チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームのその左翼的なアプローチが、2021年に2人のルーキードライバーを起用することを除外しない理由のひとつだと語る。

ギュンター・シュタイナーは、ルーキーを起用することには“長所と短所”があると語る。

「2人のルーキーを迎えることに決めたわけではない。しかし、ルーキーについての私の考えを離すことはできる。我々は2人のルーキを起用することのリスクとチャンスを議論している」とギュンター・シュタイナーは語った。

「2人のルーキーを起用することにはもちろんリスクがあると思う。彼らはデータなどを見た経験がなく、それらの間で何が起こっているのかを知る必要があるし、間違った方向に進むリスクがある。だが、彼を助けるために我々が使用できる技術的な手段もある」

「だが、長所としては、彼らを望んでいる方向に置くことができ、チームと一緒に成長することができる」

ハースF1は、この5年間で従来のF1のアプローチに反するアプローチで混乱を招いてきた。チームのビジネスモデルは、外部のサプライヤーから合法的に可能な限りのパーツを購入し、イタリアのダラーラがシャシーの作業を実施することを中心に構築されている。

そして、ギュンター・シュタイナーは、その既成概念にとらわれない精神が、ルーキーペアというアプローチを試みる理由になる可能性があると語る。

「決して行われてこなかったが、それが機能しないという意味ではない」とギュンター・シュタイナーは語った。

「確かに機能しないリスクはある。カマトトぶりたくはない。だが、我々は他の人々とは異なることをいくつかしてきた。数年前、『なぜロマンをそんなに長く保つのか?』と尋ねられた。誰もそんなに長く継続していなかったからね!」

「我々は他の人がしたことをする必要はない。我々は正しいと思うことをする。それがうまくいくかどうかは、それで判断される」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

「我々はそのリスクを取ることでその機会を得る。我々が2人のルーキーを採用することになれば、我々はそれを熟考したことになる。我々は長所と短所を分かっている」

2022年に新しいレギュレーションが導入されるまで経験豊富なロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンを継続しなかった理由について質問されたギュンター・シュタイナーは「来年は以降の年になるし、2人のドライバーを交代するのは、今からドライバーを慣れさせるためだ。2022年に新しいレギュレーションが導入されるとき、彼らは準備ができていることになる」とコメント。

「22年に新しいドライバーを投入するのは私にとっては少しリスキーだった。完全に新しいマシンと新しいドライバーの2つのことを学ぶ必要があるからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ / ニキータ・マゼピン