ハースF1チーム 「2019年の不振をドライバーのせいにすることはできない」
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2019年F1シーズンの不振はマシンパフォーマンスの欠如によるものであり、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの両ドライバーには責任はないとしている。

ハースF1チームは、プレシーズンテストと開幕戦で有望なパフォーマンスを示したものの、以降のグランプリでは決勝ペースの一貫性に欠け、コンストラクターズ選手権9位とF1参戦以来、最低の結果でシーズンを終えることになった。

ハースF1チームの2019年F1マシン『VF-19』は予選ではしばしば好パフォーマンスを示していたものの、タイヤマネジメントと決勝でのレースペースに関して継続的な問題に直面し、後半戦はわずか2ポイントしか獲得できなかった。そのため、チームは早くに2020年F1マシンに焦点を切り替えている。
ハースF1チームは、VF-19の問題を解決することが難しいことが把握し、開幕戦のセットアップに戻るなどの試行錯誤を続けたが、シーズン後半まで対処することができなかった。

ギュンター・シュタイナーは、シーズン序盤に両方のドライバーからフィードバックを考えれば、責任を負わせることはできないと考えている。

「あまり良くないシーズンだったが、決して彼ら(グロージャンとマグヌッセン)のせいにすることはできない。したがって、我々は同じドライバーペアを継続している」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「正直に言う必要があると思っている。彼らはクルマであれ以上良いパフォーマンスは発揮できなかったと終える」
「同士討ちがなければ、もっとうまくやれたとは思うが、彼らはある段階であまりにハードにトライしすぎていた。だが、今年、彼らが良い仕事をしていなかったという結論に至らしめることはできないと思っている」

2019年は不満の残るシーズンとなったが、ギュンター・シュタイナーは、2020年はハースとドライバーがミスから学び、安定したレギュレーションを生かせることを願っていると語る。

「シーズン序盤のクルマはいい感じだったし、彼らは二人ともクルマに非常にポジティブだったので、彼らにとっては目を見張るものだったと思う。だが、そこからは望んだような展開にはならなかった」とギュンター・シュタイナーは語る。

「チームとしてもドライバーとしても、あまりにハードにトライし過ぎた状況が何度かあった。全員がそこにはなかった結果を出そうとして懸命に努力しすぎていた。マシンはそのレベルにはなかった。全員がクルマをどのように良くしていけるかに集中していた。そこが状況を正しくすることに集中するために今年から学んだことかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース