F1 ハースF1チーム エステバン・オコン
ハースF1チームは、2020年のドライバーとしてエステバン・オコンに狙いを定めているようだ。

ハースF1チームは過去数シーズンにわたってドライバーラインナップに問題を抱えており、状況が改善されない場合は1つのシートを交換することを検討している。ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、その一人としてエステバン・オコンの名前を挙げている。

昨年末までフォース・インディアでF1を戦ったエステバン・オコンだが、ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがチームを買収し、息子のランス・ストロールが加入したことでシートを喪失。今年はメルセデスのリザーブドライバーとしてレースから離れて活動している。

「失うものが少なくない場合、それは大きなリスクを冒すべき時だ」とギュンター・シュタイナーはF1公式サイトは語った。

「状況はそれぞれ異なりる。それに応じて行動する必要がある。どんなこともあり得るし、結論に飛び込みたくはないん。我々はそれを一度経験しているからね。それが我々の残りの人生のために今やっていることだ」

ギュンター・シュタイナーは、ハースのドライバーラインアップに問題があることを確信しており、新しいドライバーによってこれらの問題を修正できることを望んでいる。

「1年離れていれば、株価の落下するのは明らかだ。去る者は日々に疎しだからね。だが、オコンは彼がレースした最後の年に非常に良かったし、良い仕事をしていた」とギュンター・シュタイナーは語る。

「2年後に2度目のチャンスを得るのは難しくなっているが、(ダニール)クビアトを見てください。彼は1年離れていたが、かなり強くなっている。常に何が起こるかを見ているし、長い間そこにいる誰かを起用する場合を除いて、常にどんなドライバーでもリスクがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / エステバン・オコン