F1 ハースF1チーム イギリスGP
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1イギリスGPで同士討ちを演じたロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンに怒りを露わにした。

今季、ハースF1チームは不振に陥っており、現時点ではわずか16ポイントの獲得でランキングも9番手に沈んでいる。

F1イギリスGPの予選ではロマン・グロージャンが14番手、ケビン・マグヌッセンが16番手と低迷。さらに決勝ではスタート早々にチームメイト同士で接触し、2台ともにリタイアした。。

「我々のドライバーが戦いに持ち込んだ最高のものはシャベルだった。我々が陥っている穴をさらに深く掘るためのね」とギュンター・シュタイナーは BT にコメント。

ギュンター・シュタイナーは、自分たちのドライバー同士のクラッシュしてダメージを負ったマシンが戻ってきたときには「自分の目が信じられなかった」と嘆き、同じように2人が接触して順位を落としていたスペインGP決勝に言及した。

「バルセロナの後、彼らにはああいうことをしてはならないと明確な指示が出されていた」

「受け入れられない。チームは困難な状況に置かれており、全員が問題を解決するためにあらゆる努力を払っている。そして、ここでようやくいい見通しが出てきていたところだった」

ギュンター・シュタイナーは、F1イギリスGP決勝後にすでに2人のドライバーと話をしたことを認めている。

「彼らは何も言わなかった。話していたのは私だけだった。そして、それにはそれほどの時間は必要なかった」

「彼らはどちらにも問題がある。彼らの説明を聞いてみたい気持ちもあるが、聞きたくないと言う気持ちもある」

「この件は一晩寝かせて考えなければならない。そして、どうすべきか、その答えを出すことになる。どこかの時点でけじめをつけるしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1イギリスGP