F1 ハースF1チーム VF-19
ハースF1チームは、2019年F1マシン『VF-19』のシェイクダウンを行った。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権から英国のエナジードリンク企業であるリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。2019年からチームは「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」の名称で参戦する。

リッチエナジーとの契約にともない、VF-19はカラーリングを一新。リッチエナジーのブラックとゴールドの配色が採用された。

ハースF1チームは2月15日(金)、スペインのカタロニア・サーキットでVF-19のシェイクダウンを実施。ロマン・グロージャンがステアリングを握り、フェラーリの2019年F1エンジン『Ferrari 064』のサウンドを轟かせた。

ハースF1チームは今年もフェラーリとの密接な関係を継続。VF-19にはエンジンやギアボックス、エキゾーストシステムを含めたリアエンドなど、レギュレーションで許される様々なパーツが共有される。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース