F1 ハースF1チーム シンガポールGP
ハースF1チームは、F1シンガポールGPの予選で、ロマン・グロージャンが8番手、ケビン・マグヌッセンが16番手だった。

ロマン・グロージャン (8番手)
「素晴らしいパフォーマンスを発揮できたと思う。最後のラップはターアン21で大きなオーバーステアが出てしまった。コンマ3秒くらい失ったと思うし、実際には(セルジオ)ペレスと拮抗していたかもしれない」

「ご存じの通り、フォースインディアはモナコで本当に速かった。ここは同じ種類のトラックなので、少し驚いている。ケビンがそれをやり遂げられなかったのは残念だ。彼はこのようなトラックでコンマ1秒くらい逃していたと思うし、Q1で限界を見つけるのは常に難しいことだ。クルマをクラッシュさせるほどプッシュしたくはないものだけど、それに近いくらいプッシュしなければならない。レースはとても長いものになるだろう。ハイハーソフトは3周くらいで、その後はソフトの方がいい。明日は面白くなるだろう。暑いだろうし、セーフティカーも入るかもしれない。良いレースペースがあって、戦いを続けられることを願っている」

ケビン・マグヌッセン (16番手)
「予選だけでなはなく、チームメイトに足してもペースを逃している。本当に奇妙だ。なぜ突然1秒もペースが遅れているのかについて何の答えも得られていない。その速さで走るにはとにかくグリップがないように感じる。クルマのバランスがそれないなので、全体的なグリップが不足しているだけかもしれない。本当に理由がわからない。調べていくらか答えを見つけられることを願っている」

関連:F1シンガポールGP 予選 | ルイス・ハミルトンがポールポジション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1シンガポールGP