F1 シンガポールGP 予選
2018年のF1世界選手権 第15戦 シンガポールGPの予選が9月15日(土)にマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得した。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがQ2で敗退して15番手、ブレンドン・ハートレーがQ1で敗退して17番手で予選セッションを終えた。

F1はヨーロッパでの連戦を終え、シンガポールに舞台を移して第15戦を迎えた。シンガポール市街中心部に公道を使って設置されたコースは、グリップが低くタイトなコースで、ナイトレースとして行われる独特のグランプリ。完全に陽が落ち、照明で浮かび上がったマリーナ・ベイで気温29℃、路面温度33℃のドライコンディションで現地時間21時にセッションはスタートした。

ピレリは、シンガポールGPに最も柔らかいハイパーソフト(ピンク)、ウルトラソフト(パープル)、そして、スーパーソフトを飛ばしてソフト(イエロー)という3種類のタイヤを選択しているが、予選ではほぼハイパーソフトが使われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。コースレコードを更新する1分36秒015を記録して今シーズン7回目、通算79回目のポールポジションを獲得した。フロントローの2番手グリッドには0.319秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が並ぶ。

2列目3番グリッドはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。ハミルトンとの差は0.613秒差だった。
4番グリッドはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が獲得。

ベスト・オブ・ザ・レストの7番グリッドはセルジオ・ペレス(フォース・インディア)が獲得した。

タイヤを自由に選べる最前列にはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)とカルロス・サインツ(ルノー)という2人のスペイン人ドライバーが並ぶ。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがQ2進出を果たすも15番手、ブレンドン・ハートレーはQ1で敗退して17番手で予選セッションを終えた。

F1シンガポールGPの決勝は、9月16日(日)の21時10分(現地時間20時10分)から行われる。

2018年 第15戦 F1シンガポールGP 予選 結果

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分39秒4031分37秒3441分36秒015
233マックス・フェルスタッペンレッドブル1分38秒7511分37秒2141分36秒334
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分38秒2181分37秒8761分36秒628
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分39秒2911分37秒2541分36秒702
57キミ・ライコネンフェラーリ1分38秒5341分37秒1941分36秒794
63ダニエル・リカルドレッドブル1分38秒1531分37秒4061分36秒996
711セルジオ・ペレスフォース・インディア1分38秒8141分37秒3421分37秒985
88ロマン・グロージャンハース1分38秒6851分37秒3671分38秒320
931エステバン・オコンフォース・インディア1分38秒9121分37秒5341分38秒365
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分38秒9321分37秒4501分38秒588
1114フェルナンド・アロンソマクラーレン1分39秒0221分37秒641 
1255カルロス・サインツルノー1分39秒1031分37秒716 
1316シャルル・ルクレールザウバー1分39秒2061分37秒747 
149マーカス・エリクソンザウバー1分39秒3661分39秒453 
1510ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分39秒6141分39秒691 
1620ケビン・マグヌッセンハース1分39秒644  
1728ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分39秒809  
182ストフェル・バンドーンマクラーレン1分39秒864  
1935セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分41秒263  
2018ランス・ストロールウィリアムズ1分41秒263  

【Q1】
18分間のQ1。最初にロマン・グロージャン(ハース)がハイパーソフトを履いてコースイン。メルセデスの2台はウルトラソフトでアタック。それ以外のマシンはすべてハイパーソフトを装着している。

Q1をトップで通過したのはダニエル・リカルド(レッドブル)で1分38秒153をマーク。2番手には0.065秒差でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続く。ウルトラソフトのメルセデスはバルテリ・ボッタスが11番手、ルイス・ハミルトンが14番手で通過した。

Q1で敗退したのはケビン・マグヌッセン(ハース)、ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン)、セルゲイ・シロトキンとランス・ストロール(ウィリアムズ)。

【Q2】
15分間のQ2。今後はフェラーリの2台がウルトラソフトでアタックを開始。しかし、Q2突破は難しくハイパーソフトで2回目のアタックを行っている。

Q2のトップタイムはキミ・ライコネン(フェラーリ)の1分37秒194。2番手には0.020秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続いた。

Q2で敗退となったのは、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、カルロス・サインツ(ルノー)、シャルル・ルクレール(ザウバー)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)の5台。

【Q3】
12分間のQ3。1回目のアタックを終えてルイス・ハミルトンが1分36秒015を記録してトップ。2番手は0.31秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手には0.613秒差でセバスチャン・ベッテルという展開。

だが、2回目のアタックで誰もハミルトンのタイムを上回ることができず、ハミルトンが今シーズン7回目のポールポジションを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1シンガポールGP