F1ドライバー 周冠宇 「中国人が得意なのは卓球だけじゃない」
中国人初のF1ドライバーとなった周冠宇は、中国人が「卓球だけが得意」ではないことを世界に証明しようと決意していた。

ヨーロッパF3選手権、FIA-F2と唯一の中国人ドライバーとして戦ってきた周冠宇は、F1への道を切り開くことを決意していた。昨年のF2をランキング3位で終えた周冠宇は、バルテリ・ボッタスのチームメイトとしてアルファロメオと契約し、2022年にF1へ昇格を果たした唯一のルーキーとなった。

しかし、F1参戦は、最高のドライバーと競争できることを示すことだけではなかった。周冠宇は、中国人ドライバーがトップに立つことが可能であることを世界だけでなく中国にも示すことを決意していたと語る。

「もちろんプレッシャーは大きいけど、サポートも大きい」と周冠宇はinewsに語った。

「中国でより多くの人々にモータースポーツに興味を持ってもらいたいと思っている。そして、母国で人々がレースをしているという明確な傾向を目にしている」

「レース全体で最高のカテゴリーで彼らを代表する人物でいられることは素晴らしいことだ」

「母国の人々でさえ、F1にドライバーがいることは不可能だと言ていた。なぜなら、ボk達は非常に遅れてスタートしたからだ」

「以前にヨーロッパに行こうとしたドライバーもいたけど、十分ではなかた。でも、僕は常に自分自身を信じてきた」

「僕にはポテンシャルがあったし、なぜ最初のドライバーになれない理由はないよね?」

「卓球だけが得意なのではなく、みんなが何ができるかを世界と中国にいるすべての人に伝えようとしている。僕たちは突破口を開くことができる」

23歳の周冠宇は、アルファロメオF1と2023年のオプション付きの1年契約にサインしているが、彼のF1キャリアが1シーズンよりも長くなるかどうかをまだ分からない。

周冠宇は、最近、今シーズンがF2での最後のシーズンになると宣言したザウバーのジュニアドライバーであるテオ・プルシェールとシートを争っている。

「今年がFIA F2での最後のシーズンになるのは間違いない」とテオ・プルシェールはFrance Racingに語った。

「次のシーズンはやらない。チャンピオンシップでの2シーズンはドライバーにとって十分だ」

しかし、テオ・プルシェールの発表は、F1シーズンがスパで再開されたときに5ポイントにさらに追加するように周冠宇にプレッシャーをかけているが、少なくともアルファロメオF1は周冠宇に満足しているようだ。

アルファロメオF1のトラックサイドエンジニアリング責任者であるセビ・プホラルは、6月に周冠宇が上昇傾向を続けることができれば、「F1で素晴らしい未来が待っている」と語り、当時トップ10内で2回しかフィニッシュしなかったため、より頻繁にポイント獲得を開始するために周冠宇が必要であると付け加えた。

シーズン後半戦で周冠宇がそれを実現すれば、アルファロメオF1が2番目のレースシートから降ろすのに苦労するだろう。その場合、10代のデオ・プルシェールは、1シーズンのリザーブドライバーを務めると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオF1