周冠宇 「ピアストリの状況を見ればアルピーヌF1離脱は正解だった」
周冠宇は、アルピーヌF1チームでのオスカー・ピアストリの不確実性が状況は、自分がチームを離れてアルファロメオに移籍したことが正しかったことを示していると語った。

昨年まで中国人ドライバーの周冠宇は、オスカー・ピアストリと並んでアルピーヌ・アカデミーの一員であり、2人は昨年のF2でドライバーズチャンピオンシップを争っていた。周冠宇は3位、ピアストリはタイトルを獲得した。

しかし、今シーズン、アルファロメオに加入してF1へのステップアップを果たしたのは周冠宇だった。オスカー・ピアストリは、アルピーヌF1ちーむのリザーブドライバーとしてレースには出場していない。

フェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1移籍を受け、アルピーヌF1チームは、2023年にオスカー・ピアストリをレースシートに昇格させることを発表。しかし、ピアストリはそれを拒否しており、2023年の状況はまだ明確になっていない。

周冠宇は、オスカー・ピアストリの状況は、自分がアルピーヌF1チームを去るという判断が正しかったことを証明していると考えている。

「僕は完全にリリースされた」と周冠宇はRACERに語った。

「すべてがうまくいった。僕の契約は昨年末に終了していたし、継続するかどうかは僕たち二人次第だったけど、アルファロメオとの機会があった」

「来年も今年もシートを確保できる場所がどこにもなかったので、アルピーヌとは継続しないという決断をした。アルファロメオとアルピーヌは、F1だけでなく一般的にも非常に大きな競合ブランドであるため、アルピーヌから抜け出すのは簡単ではなかったけど、すべてがうまくいったことをとてもうれしく思う」

「もう1年いたら、オスカーと同じように、ちょっと立ち往生していただろう。僕にとって最善のことではんかった。ここにチャンスがあると感じたので、それを選んだのだけど、とても良い決断だったと思う」

周冠宇は、デビュー戦で初ポイントを獲得し、ルーキーシーズンにこれまでに2レースでポイントを獲得している。だが、F1ドライバーとして初めて発表されたとき、ソーシャルメディアで人種差別的な虐待を受けたと明かす。

「ポイントを獲得できるとは思っていなかったけど、予選よりもレースクラフトの方が強いことはわかっていた」と周冠宇は語った。

「でも、そのレース(バーレーン)は非常にストレスがたまった。8 番手または9番手で快適だったけど、遅れてセーフティカーが入ったので、ボックスしなければならず、12 番手に落ちて、フィールドを抜け出さなければならなかった」

「大変だったけど、10 位でラインを越えたとき、それは非常に大きな意味があった。これまでのキャリアの中で、これほど感情的になったことはなかった」

「F2の最後のラウンドがずっと続いてはいたけど、それは昨年の冬から僕が対処し、直面していたプレッシャーだ。信じられないくらいのね。僕はそういったコメントのプレッシャーに直面していて、タイトルを争うためにまだF2でレースをしていたので、誰も想像できないと思う。そういったことに少し失望していた。でも、F1で自分自身を示すことを止めることはできなかったし、それが最も重要なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオF1 / アルピーヌ