【動画】 周冠宇、車が逆さまになる大クラッシュも意識はあり / F1イギリスGP決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリ決勝のオープニングラップでの多重クラッシュで車が逆さまになる大クラッシュを喫したが、意識はあると伝えられている。

オープニングラップでは、ジョージ・ラッセル、アレクサンダー・アルボン、周冠宇、角田裕毅、エステバン・オコンが関与する大クラッシュがあり赤旗鋳鍛。ラッセル、アルボン、周冠宇はリタイアとなった。

報道では周冠宇のクラッシュのシーンが放送されておらず、その容体が心配された。周冠宇は、ピエール・ガスリーと接触してスピンしたジョージ・ラッセルの車が当たって車が逆さまになるクラッシュ。そのまま1コーナーのグラベルを滑り、タイヤバリアを超えてフェンス激突した。

車から自力で降りることができなかったが、意識はあり、担架に乗せられて運ばれたという。

アルファロメオも正式にコメントを発表。「イギリスGPの開始時にクラッシュした後、周冠宇は意識があり、現在サーキットの医療センターで評価を受けている」と述べた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / F1動画 / F1イギリスGP / アルファロメオF1