周冠宇、2023年にアルファロメオF1のシート喪失の噂も「心配はしてない」
中国人F1ドライバーの周冠宇は、来季もアルファロメオF1のシートを維持するかどうかわからないと語る。

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・バスールは、これまでの周冠宇のシーズンに満足しているようであり、特にチームメイトのバルテリ・ボッタスによって十分にサポートされているが、最近の噂では、23歳の周冠宇は2022年以降のF1での将来が明確ではないドライバーの1人に名前が挙げられている。

「バルテリは車の中で速く、車の外でもチームとうまくやっている。彼はモチベーションとインプットの点で素晴らしい」とフレデリック・バスールは語った。

「そして周とのコラボレーションは素晴らしいものだ」

それにもかかわらず、周冠宇は自分が2023年もアルファロメオF1と契約を結べるかどうか確信がないと語る。

「まだ今シーズンの序盤なので、将来の計画はまだないし、計画はまだ分からない」と周冠宇は語った。

「もちろん、かなりアップダウンがあるけど、全体的にここにいることができてとてもうれしい。そして、F1で自分の能力を伸ばすためのレースはまだたくさんあると感じている」

「すべてが計画通りに進めば、来年の計画で何が起こるかについてあまり心配する理由はないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオF1