周冠宇 「ボッタス以上にF1ルーキーイヤーに適したチームメイトはいない」
アルファロメオF1でデビューを果たす周冠宇は、経験と寛容さを兼ね備えたバルテリ・ボッタスほどF1ルーキーイヤーのチームメイトに適したドライバーはいないと語る。

周冠宇は、来月3月のF1バーレーンGPのグリッドに並ぶことで中国人初のF1ドライバーとなり、F1の歴史を名を刻むことになる。

周冠宇は、昨年12月にアブダビで開催されたポストシーズンテストに参加し、新しいチームメイトとなるバルテリ・ボッタスとガレージで顔を合わせた。

22歳の周冠宇は、F1での仕事を学ぶためにバルテリ・ボッタス以上のチームメイトはいないと考えている。

「ルーキーにとって、最初のシーズンにボッタスがチームメイトであること以上に良い選択肢はない」と周冠宇は語った。

「彼を倒したければ、非常に一生懸命働かなければならないし、最初からF1全体と新しいマシンに非常に迅速に適応する必要があることは分かっている」

「でも、もっと重要なのは、彼が僕が学習曲線を乗り越えるのを手伝ってくれることだと思う。彼は非常にオープンなドライバーだ。彼は自分の情報を共有し、チームや僕と話し合ってくれる。これは非常に役立つポイントだ」

「彼はF1で非常に多くの表彰台を獲得し、勝利を収めている。すべてのドライバーの中で、ハミルトンを上回ることができるのはほんのわずかであり、彼はその1人だ」

「彼は素晴らしいリファレンスであり、非常に強力なチームメイトだと思う。来彼と一緒に改善したいと思っている」

昨年のFIA-F2選手権をオスカー・ピアストリとロバート・シュワルツマンに次ぐランキング3位で終えた周冠宇は、アルファロメオF1の新車『C42』のパフォーマンスレベルが不明であるため、2022年の目標を述べるように求められたときは慎重だった。

それでも、初シーズンでできるだけ多くのポイントを獲得できることを望んでいると周冠宇は語る。

「まずはポイントを獲得するという小さな目標を設定している」と周冠宇は語った。

「来シーズンのクルマの競争力はわからない。明確な状況を把握するには、シーズンが始まるまで待つ必要がある」

「個人的にはポイントを獲得したい。でも、シーズン序盤に最初の2レースでそれが達成できるかとは考えていない。あまりプレッシャーをかけすぎてはいけない」

「F1でのレースを楽しみ、チームメイトやエンジニアから学び、あらゆる面で自分自身を向上させたいと思っている」

「すべての分野で改善すれば、自ずと結果はついてくるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1