オスカー・ピアストリ 「周冠宇と契約したアルファロメオF1を批判するのはアンフェア」
オスカー・ピアストリは、周冠宇と契約したアルファロメオF1を批判するのは“かなりアンフェア”だと考えており、アルピーヌF1のアカデミドライバーとして仲間である周冠宇が2022年に良い仕事をすると支持する。

F2のチャンピオンシップリーダーであるオスカー・ピアストリは、2022年のアルファロメオF1移籍の可能性が噂されていたが、2022年にバルテリ・ボッタスのチームメイトとして契約したのはランキング2位の周冠宇だった。

中国出身の周冠宇は、アルファロメオF1に財政的支援をもたらすことで知られており、現行ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィは「お金が支配」するときにF1は「冷酷」だとソーシャルメディアに投稿してチームを暗に批判した。

周冠宇のアルファロメオF1移籍について質問されたオスカー・ピアストリは、批判を受けている中国人ドライバーを擁護した。

「明らかに彼はソーシャルメディアなどでかなりの否定的な見方をされている。正直、そのほとんどはかなりアンフェアだと思う」とオスカー・ピアストリは語った。

「OK、僕たち全員が、彼がいくらかの財政的支援をもたらしていることを知っている。でも、彼は不十分な走りをしているわけではない」

「彼はチャンピオンシップで2位につけている。彼は僕と同じ勝利数を収めている。彼は今年の前半でチャンピオンシップをリードしていた。まったく結果が出ていないわけではないのは確かだ」

「バルテリと対峙するのは彼にとってはタフだと思う。バルテリは非常に強いチームメイトになると思う」

「でも、彼がどうなるかを見るのは楽しみだ。彼はかなり良い仕事をすると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオ・レーシング / アルピーヌ