グロージャン、ラッセルとの接触を釈明 「左側にスペースはなかった」/ F1シンガポールGP
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1シンガポールGPでジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)をリタイアに追い込むことになった接触について釈明。自分の左側にスペースはなく、「あれ以上僕にできることはなかった」と述べた。

ロマン・グロージャンを抑えていたジョージ・ラッセルだが、33周目にターン8で接触。ウォールにクラッシュして今シーズン初リタイアを喫することになった。

レース後、ジョージ・ラッセルは「彼が何を考えていたのかわからないけど、ロマンがそのようなことをしたのは初めてではない…」と怒りをあらわにしていた。

ジョージ・ラッセルの対して、ロマン・グロージャンは自身の見解を述べた。

「映像は見ていない。クルマの中から言うのは難しい。僕はターン8でアウトサイドにいて、僕たちはサイド・バイ・サイドになった。ジョージは早めにスロットを開けて、僕は左側に行った。それ以上左に行くスペースはなかったと思う。当然、そこは壁だからね」とコメント。

「彼はリアがコーナーの真ん中にあり、僕のブロントに触れて、反対方向を向いた。ちょっと残念だけど、左側に行けるスペースはほぼなかった。ジョージがハッピーではないのは当然だけど、左側に行くスペースはなかったと思う」

スチュワードは、両方のドライバーに話し、ビデオの証拠を見直した結果、「両方のドドライバーがインシデントに貢献し、両方のドライバーがインシデントを緩和できた」としてお咎めなしとの裁定を下した。

ロマン・グロージャンは、ルールが調整されれば、あのような事件は起こらないだろうと考えている。

「誰が優先権を持っているかに関するルールは、少しグレーゾーンだ」とロマン・グロージャンは語る。

「私たちは多くの人々がワイドになり、ワイドになることでアドバンテージを得るのを見てきた」

「もちろん、コーナーの出口でグラベルを使えるし、おそらくそれがメンタリティを変えてしる。それは僕が長い間言っていることだし、もっと多くのスペースを残さなければならないだろう。ウォールがある場合、消えることはできないし、当然、接触してしまうものだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / F1シンガポールGP / ハース