F1
F1ドイツGPの決勝レースで、フェラーリがシャルル・ルクレールをアンセーフリリースした件が罰金のみで処理された件が論争となっている。

ウエットレースとなったF1ドイツGPの決勝で、シャルル・ルクレールは他のドライバーと同様に3周目にフルウェットからインターミディエイトに交換するためにピットイン。しかし、フェラーリがリリースした際にロマン・グロージャン(ハース)が迫っており、接触を避けるために急ブレーキを踏まざるを得なかった。

このインシデントはスチュワードによって審議されたが、フェラーリとシャルル・ルクレールにはタイム加算ペナルティではなく、5000ユーロ(約60万円)の罰金が科せられた。

ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、タイム加算ペナルティではなく罰金だけで済むのであれば、チームはピットアウト時にリスクを冒すようになってしまうのではないかと懸念している。

「我々はこの件について考える必要がある。なぜなら、それがリスキーな行動を助長しかねないからだ」とギュンター・シュタイナーは Autosport にコメント。

「FIAにはお金が入り、我々はポジションを失う。失った人以外は得をするということになる」

しかし、F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、複雑なコンディションになった場合に発生する可能性のあるトラブルについて事前にチームと議論をしていたと語る。

「変化しやすいコンディションになる可能性があることはあらかじめわかっていたため、チームマネージャーと事前に議論をしていた。そのなかで、全員が同時にピットレーンに入ってタイヤ交換する件についても話し合われていたとマイケル・マシはコメント。

「ピットレーンの幅はそれほど広くないため、シルバーストーンのように並走することはできなかった」

マイケル・マシは、今回の裁定によって、今後チームがピットストップ時にリスクを冒すようにはならないと考えている。

「そうはならない信じている」とマイケル・マシは語る。

「チームは各ケースに関して自分たちのメリットに応じて対応するだろう」

「定期的にこのようなことが起こるわけではない。独立した問題だ。チーム側もマシンにダメージを負うリスクがあることは分かっている。その影響は他の何よりも大きい」

第6戦モナコGPでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がバルテリ・ボッタス(メルセデス)とピットレーンで並走した際に接触し、フェルスタッペンに5秒加算ペナルティが科せられていた。

だが、レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今回の裁定は正しいものだったと語る。

「ピットレーンでもレースを見たい。今回は一方がピットアウトして、もう一方がピットインするという状況だった。モナコとは少し状況が異なる」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「だが、今回はおそらく正しい裁定だったと思う。モナコが間違った裁定だ。だが、裁定が自分たちに有利になる働くこともあれば、不利になることもある」

マイケル・マシは、F1モナコGPでのマックス・フェルスタッペンへのタイム加算ペナルティは、リリースではなく、バルテリ・ボッタスとの接触に科せられたものだと説明する。

「モナコでの件はアンセーフリリースとされていたが、ピットレーンでの接触のためのものだ。ドイツでのアンセーフリリースとは明らかに異なる」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドイツGP / FIA