ジョージ・ラッセル 「勝利を目指すリスクと報酬の判断が難しかった」 / F1ブラジルGP スプリント
F1ブラジルGPのスプリントで勝利したジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペンを勝つことのリスクと報酬を判断するのは「少し難しい」と感じたと語る。

3番グリッドからスタートしたジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペンとのホイール・トゥ・ホイールのバトルを制して今シーズン最後のF1スプリントで勝利し、8ポイントを手にした。

ソフトタイヤのジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペンがミディアムタイヤでスタートしたことにも助けられ、ポールシッターのケビン・マグヌッセンを引き離した後、フェルスタッペンのDRS範囲内に入ることができた。

しかし、ジョージ・ラッセルがマックス・フェルスタッペンをパスしようとした最初の2回の試みは失敗し、フェルスタッペンはターン 4 でディフェンスし、インサイド ラインを掴んで確実にリードを維持した。

15周目にラッセルはターン1で追い抜きを試みた後、ターン4への走行で並び、DRSを使用してリードを奪ってコーナーに曲がった。

ジョージ・ラッセルはその後、フェラーリのカルロス・サインツに3.9 秒差をつけてスプリントに勝利した。マックス・フェルスタッペンは、フロントウイングにダメージを負った後、4位に後退した。

マックス・フェルスタッペンに対する彼のムーブについて質問されたジョージ・ラッセルは、フィールドの後方に落ちるリスクと起こり得るインシデントのために「少し難しかった」と説明した.

「もちろん、これはスプリント レースであり、そのリスクと報酬を管理する必要がある」とジョージ・ラッセルはレース後に説明した。

「だから、その勝利を得るために必死だったとしても、あまりにもリスクを冒して、ポイントなしで後ろからスタートするようなことはしたくなかった」

「でも、僕たちはそれを成功させた。3度目の正直だ」

カルロス・サインツがエンジン交換で5グリッド降格することで、3位のルイス・ハミルトンが2番グリッドに昇格し、メルセデスは日曜日にグリッドのフロントローをロックアウトする。

レッドブルとフェラーリのペースに追いつくのに苦労し、シーズンを通してレースに勝つことができなかったメルセデスにとって、これは大きなブレークスルーとなった。
ジョージ・ラッセルは「そこまで速いペースがあるとは思っていなかったけど、みんなが懸命に努力し、チームとして前進してきたことを示していると思う」と語った。

「オースティン以降の最後の3レースで、マシンのフィーリングは本当に素晴らしかった。マックスがソフトタイヤを履いていたとしたら、どうだったかは分からない。それでも、ここに立つのは素晴らしい気分だ」

ジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペンがメルセデスの2台に続く3番グリッドから「明日飛ぶように速い」と考えており、脅威であり続けるだろうと付け加えた。

「でも、私たちは戦略を分割して勝利を目指すことができる贅沢な立場にある」とジョージ・ラッセルは付け加えた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1ブラジルGP