ジョージ・ラッセル 「スリックタイヤに賭ける価値はあったと思う」 / メルセデス F1シンガポールGP
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、F1シンガポールGPを14位でフィニッシュ。スリックタイヤに賭ける価値はあったと振り返る。

F1は2019年以来3年ぶりにシンガポールでレースを行った。2022年のF1シンガポールGPは、豪雨によってスタートが遅れ、路面を滑りやすくしたため、多くのリスクと見返りを提供するレースとなった。

ジョージ・ラッセルは、予選でトップ10入りすることができず、メルセデスF1チームが彼のW13に新しいパワーユニットを取り付けた後、ピットレーンからレースをスタートした。

だが、レース中盤にはミック・シューマッハ(ハースF1チーム)と絡んで両方のドライバーがパンクするインシデントなどもあり、さらに後退することとなった。

20周目に全ドライバーで1番にインターミディエイトからドライタイヤに交換する賭けに出たジョージ・ラッセルは、メルセデスが順位を上回るペースを持っていると信じていた。

スリックタイヤに賭ける価値はあったかと質問されたジョージ・ラッセルは「僕たちはノーマンズランドにいたけど、正直、そうなる可能性はあったと思う。セーフティカーのリスタートで僕たちは飛ぶように速かったし、1周で2~3人をオーバーテイクした」

「もちろん、ミックとの絡みがあった。。あそこで何が起こったのか分からないけど、彼に十分なスペースを残していると感じていた。僕たちは飛ぶように速かったので、おそらくポイントで終わっていただろう。最後にほぼ2秒速いファステストラップを獲得したしね」

「昨日のFP1の問題が解決されたことを嬉しく思う。自信が少し回復していた。自信を失っていない、才能の欠如などによって予選で3秒遅れだったわけではないとね。でも、残念なことに、今週は勝てるマシンがあった」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1は進歩していると信じており、それを誇りに思っているが、最終的に彼と現役の8回のコンストラクターズチャンピオンは、今年まだ実現していないレースに勝つためにここにいると語る。

そして、ジョージ・ラッセルは、F1シンガポールGPで自分とメルセデスがその任務に失敗したと考えている。

「チームとして多くの進歩を遂げているし、それについて誇りに思っている」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕たちはレースに勝つためにここにいる。ポイントは常に素晴らしいものだし、とても良い結果を残してきた。チームとしてシルバーストンを除けば、僕も含めて失敗したのはおそらくこれが最初の週末だ」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1シンガポールGP