ジョージ・ラッセル、周冠宇の事故現場に直行「恐ろしい状況だった」 / F1イギリスGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、F1イギリスGPのオープニングラップで大クラッシュを喫した周冠宇(アルファロメオ)の事故現場に直行。バリアとフェンスに挟まった現場を見たことで、F1は検討することがあると語った。

周冠宇は、ジョージ・ラッセルとの接触によって車が逆さまになった1コーナーへと滑り、タイヤバリアを超えてフェンスに激突して、バリアとフェンスの間に挟まった。

すぐに現場にかけつけたジョージ・ラッセルは「まずは周が大丈夫なのを見てうれしい」と目に見えて動揺した様子でメディアに語った。

「信じられないほど恐ろしい事件だった。彼だけでなく、きっと群衆の皆さんもきっとそうだったと思う。あのような事故を目にするのは決していいことではない」

ジョージ・ラッセルは、ハードタイヤでのスタートすることを選択。グリップが不足していたことで、周冠宇が前に出た。

「昨日の予選で十分な仕事をしていなかったので、僕たちはハードからスタートするというギャンブルをした、そして、僕たちはポジションを外れていった」とジョージ・ラッセルは説明した。

「僕たちはそれが非常にトリッキーになることを知っていた。でも、スタートにみんなに完全に飲み込まれてしまったし、気づいたときには周の隣にいた」

ジョージ・ラッセルは、周冠宇の車がタイヤバリアを超えて、群衆の前にあるフェンスとの間の隙間に落ちていることを発見したときにショックを受けたと語る。

「酷い状況だった」とジョージ・ラッセルは語った。「つまり、その位置で彼はそこで立ち往生していて、彼にできることは何もなかった」

「タイヤバリアとメタルフェンスの間の隙間に車が詰まらないように考える必要があると思う。彼はそこに挟まっていて、どこにも行けなった」

車はエアボックスが完全に外れていたが、幸いにも怪我はなかった周冠宇は「Haloに救われた」と語った。

周冠宇 F1 イギリスグランプリ関連:周冠宇、大クラッシュも無傷 「僕は大丈夫。Haloに救われた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1イギリスGP