F1:ジョージ・ラッセル、後任のアレクサンダー・アルボンの活躍に太鼓判 / ウィリアムズF1
ジョージ・ラッセルは、2022年に自身の後任としてウィリアムズに加入するアレクサンダー・アルボンの活躍に太鼓判を押す。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズで3年間F1を戦ってきたが、2022年からメルセデスに移籍し、ルイス・ハミルトンのチームメイトとなることが決定している。

ウィリアムズは、ジョージ・ラッセルの親友であるアレクサンダー・アルボンを後任に抜擢。アルボンは1年ぶりのF1復帰となる。

「もちろん、僕が最も適任だと思っている人についてスタッフに伝えた」とジョージ・ラッセルは語った。

「彼とニック・デ・フリースとで非常に僅差だったことを知っています。正直なところ、シートを獲得する人は誰であっても、さまざまなものを提供する本当に素晴らしい仕事をするだろうと確信していた」

「アレックスは、彼の持っている経験によって、有利にスケールを傾けることができたと思う」

「アレックスは素晴らしいドライバーだ。彼はレッドブルで苦労したけど、さらに強くなって戻ってくると思う」

「彼はこれまでのすべてのことで常にそのレベルにいたのし、ウィリアムズの環境は彼にぴったりだと思う。彼は本当にうまくいくと確信しています。彼のためにうれしく思う」

アレクサンダー・アルボンの元チームメイトであるマックス・フェルスタッペンも、アルボンがウィリアムズで自分の価値を証明できると信じている。

「彼は自分がスピードを持っていることを知っているし、僕たち全員が、彼がそれを持っていることを知っている。彼はカート時代からそれを示してきた」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、おそらくプレッシャーの少ない環境は、彼にとって合っているだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン