ジョージ・ラッセル、苦労を共にしたウィリアムズF1との初ポイントに涙 / F1ハンガリーGP 決勝
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年F1ハンガリーGPで9位でチェッカーを受け、苦労を共にしたチームとの初ポイントを獲得。歓喜の涙を流した。

ジョージ・ラッセルは、5人のドライバーをリタイアに追い込んだオープニングラップの多重クラッシュを避け、17番グリッドから8番手まで上昇。チームメイトのニコラス・ラティフィも6番手まで順位を上げた。

ジョージ・ラッセルは、1周目の事故でマシンにダメージを負ったマックス・フェルスタッペンに先んじて9位でフィニッシュ。ジョージ・ラッセルも8位でチェッカーを受け、両方のドライバーがウィリアムズF1との初ポイントを手にした。

ジョージ・ラッセルは、レース終盤にフェルナンド・アロンソに抜かれたオーストリア、スプリント予選でカルロス・サインツとの接触でペナルティを科されたシルバーストンなど、トップ10フィニッシュの機会を逃してきた。ようやく手にしたウィリアムズF1との初ポイントに感情的になったとラッセルは語る。

「文字通り、涙を流してしまった。その文字通りがどこから来たのかは分からないけどね。とにかく、いろんなものがあふれ出てきた」とジョージ・ラッセルは語った。

「ただのポイント獲得だけではない、本当に大きな意味がある。このために長い間戦ってきた。ある時点では『本当に実現するんだろうか?』とも考えてしまった」

「イモラの状況が起こったとき(バルテリ・ボッタスと絡み合ってクラッシュしたとき)、オーストリアで8番手だったで最後の数周でフェルナンドに抜かれたときは…本当にがっかりだった。シルバーストンではそれに値したかどうかは分からないペナルティを科せられた。今日はそれを補えたようにと感じた。運もあったかもしれないけど、僕たちは本当にそれを結果に変えることができた」

コンストラクターズ選手権で9回の優勝を誇る名門ウィリアムズだが、過去3シーズンは最下位でチャンピオンシップを終えていた。ダブル入賞は2018年のF1イタリアGP以来。この結果により、チームはハースとアルファロメオを抜いてランキング8位に浮上した。

「僕たちにはコンストラクターズ選手権で8位になる価値があると心から信じている。今年はハースやアルファよりも良い仕事をしていると思うし、6ポイントを獲得するに値する」とジョージ・ラッセルは続けた。

「とても意味があることだ。正直、ただの9位ではない。本当に感情的になってしまった。個人的には3年間のハードワークの結果だ」

「チームにとって4年間は本当に失望だったし、厳しい瞬間を切り抜けてきた。僕個人だけではない。僕が経験していることはチームも経験している。とにかく大きな安堵だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1ハンガリーGP