ジョージ・ラッセル 「11番手は3年間のベストリザルト。誇りに思う」 / ウィリアムズ F1ポルトガルGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの予選を11番手で終えた。

「素晴らしいパフォーマンスだったと思う。今朝はQ2は期待していなかったけど、それでも11番グリッドだ。僕たちは重要なときにそれを実現した。それは現時点でのテーマだと思っている」とジョージ・ラッセルはコメント。

「3年間で僕たちの最高の予選ポジションなので、本当に誇りに思う。僕たち全員が責任を負い、チームとして本当に良い仕事をしている。明日は前進し続ける必要がある。僕たちには良いレースカーがある。ストレートで速いので、何ができるか見てみよう」

関連:F1ポルトガルGP 予選:ボッタスがPP獲得でメルセデスF1が1列目独占

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1ポルトガルGP