ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失の危機?
ウィリアムズF1は、2021年にフリーエージェントになるセルジオ・ペレスと契約する機会に飛びつく可能性があり、ジョージ・ラッセルがシートを喪失する危機に瀕していると噂されている。

今季限りでレーシング・ポイントF1を放出されることが決定しているセルジオ・ペレスは、当初ハースF1への移籍が噂されていた。しかし、ロシアの大富豪を父に持ちニキータ・マセピンが強力な候補として登場したことで、その可能性は低くなったと報じられている。

ウィリアムズF1は、今年7月に2021年もジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィの続投を発表しているが、その後、チームは売却され、ラッセルの残留を熱望していたクレア・ウィリアムズはすでにチームを去っている。現在チームは、マシュー・サベージ会長が率いるドリルトン・キャピタルが新しいオーナーとなり、サイモン・ロバーツがチーム代表代理を務めている。

このマネジメントの刷新によって、ジョージ・ラッセルのウィリアムズF1の将来は以前に想定されていたほど保証されなくなったと伝えられている。

セルジオ・ペレスはチームにメキシコのスポンサーマネーをもたらすことができる。ウィリアムズF1はドニルトンに買収されたものの、追加の資金は必要だり、チームにもたらしているスポンサーマナーを考えれば、ニコラス・ラティフィが追い出される可能性は低いという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ