ジョージ・ラッセルの2022年03月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスのF1エンジンはフェラーリと同等」

2022年3月31日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスのF1エンジンはフェラーリと同等」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのF1エンジンを擁護し、予選セッションで出力を上げたときにはフェラーリと“同等”だと考えていることを明らかにした。

2022年シーズンの2ラウンドが完了したが、今シーズンまでポイントを獲得していない2チームであるアストンマーティンとウィリアムズはどちらもメルセデスPUを搭載している。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1の問題は99%はポーパシング由来」

2022年3月29日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1の問題は99%はポーパシング由来」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、ポーパシングの問題を解決することができれば、現在の現在の車の問題の99%に対処できると語る。

現時点でメルセデスF1はフロントランナーに匹敵するペースはなく、予選を6番手でジョージ・ラッセルは、フェラーリとレッドブルの4台とエステバン・オコン(アルピーヌ)の後ろの5位でレースをフィニッシュ。チームメイトのルイス・ハミルトンは予選Q1で敗退を喫して16番手となり、レースは10位でフィニッシュした。

ジョージ・ラッセル 「車を地面に近づけられずダウンフォースがない」

2022年3月28日
ジョージ・ラッセル 「車を地面に近づけられずダウンフォースがない」 / メルセデス F1サウジアラビアGP決勝
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの決勝を5位で終えた。

メルセデスF1の苦戦は続いており、W13はポーパシングの解決に時間を割かれてパフォーマンスに注力できていない。それでも、ジョージ・ラッセルは堅実なレースを戦って、再びポイントをチームにもたらした。

ジョージ・ラッセル 「僕の車だけウインドウに入った理由は把握できてない」

2022年3月27日
ジョージ・ラッセル 「僕の車だけウインドウに入った理由は把握できてない」 / メルセデス F1サウジアラビアGP 予選
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの予選で6番手タイムを記録したが、自分たちのマシンだけがウインドウに入った理由をチームは把握していないと語る。

サウジアラビアグランプリの予選はQ1でルイス・ハミルトンが敗退するという波乱からスタートした。だが、チームメイトのジョージ・ラッセルはQ3まで駒を進めて6番グリッドを獲得。しかし、チームは2台のその差を把握できていないとラッセルは語る。

ジョージ・ラッセル 「レッドブルとフェラーリとのギャップは大きい」

2022年3月26日
ジョージ・ラッセル 「レッドブルとフェラーリとのギャップは大きい」 / メルセデスF1 サウジアラビアGP 1日目
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリ初日のフリー走行を6番手で終えた。

サイドポッドがほぼ存在しない急進的な“ゼロポッド”コンセプトでパドックを驚かせたメルセデスF1だが、バーレーンテスト以降、グランドエフェクト効果に副産物であるポーパシング(ポーポイズ現象)にどのチームよりも苦しんでいる。

ジョージ・ラッセル 「ハースF1にかなりのペースアドバンテージがあった」

2022年3月22日
ジョージ・ラッセル 「ハースF1にかなりのペースアドバンテージがあった」 / メルセデスF1 バーレーンGP決勝
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリで9番手からスタートして4位まで挽回を果たしたが、オーバーテイクしたのはハースF1チームのケビン・マグヌッセン1台だけだった。

そして、それは簡単なタスクではなかった。ジョージ・ラッセルは、ハースF1チームのマシンには「かなりのペースのアドバンテージがあった」と語る。

ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルは最高のチームプレーヤー」

2022年3月21日
ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルは最高のチームプレーヤー」
ルイスハミルトンは、2022年のF1シーズンにジョージ・ラッセルがメルセデスF1に到着したことを「シームレス」だと表現する。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1で3年間印象的な年月を過ごした後、メルセデスへのステップアップを果たした。ニコ・ロズベルグが2016年末に電撃引退を発表してバルテリ・ボッタスを後任に指名して以来、メルセデスF1がドライバーのペアリングを変更したのはこれが初めてとなる。

ジョージ・ラッセル、4位入賞は「良いダメージリミテーション」

2022年3月21日
ジョージ・ラッセル、4位入賞は「良いダメージリミテーション」 / メルセデス F1バーレーンGP決勝
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの決勝レースを4位で終えた。

予選ではアウトラップでのタイヤを使いすぎるという新しい18インチタイヤの理解不足で9番手に沈んだジョージ・ラッセル。だが、レースでは堅実な走りでチームメイトのルイス・ハミルトンの後ろの4位でレースをフィニッシュした。

ジョージ・ラッセル 「こんな状態でも3番目に速いチームなのは有望」

2022年3月20日
ジョージ・ラッセル 「こんな状態でも3番目に速いチームなのは有望」 / メルセデス F1バーレーンGP予選
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの予選を9番手で終えた。

プラクティスではレッドブルとフェラーリに何とか食らいついてたジョージ・ラッセル。予選ではフェラーリやレッドブルと戦うためにアウトラップで別のことを試したが、それが裏目に出てしまったと語る。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム