ジョージ・ラッセルの2020年12月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズF1 「ラッセルがメルセデスF1で得た知識を生かしていく」

2020年12月27日
ウィリアムズF1 「ラッセルがメルセデスF1で得た知識を生かしていく」
ウィリアムズF1は、サヒールGPでメルセデスのF1マシンでレースに出場したジョージ・ラッセルが提案したいくつかのアイデアを冬の間に実装する予定だと述べた。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスに感染したことを受け、ウィリアムズF1は、バーレーンでのレースでジョージ・ラッセルをメルセデスF1に貸与することに同意した。

フェルスタッペン 「ラッセルにとってF1サヒールGPは笑い話になる」

2020年12月11日
フェルスタッペン 「ラッセルにとってF1サヒールGPは笑い話になる」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP 木曜記者件(2)
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、将来ジョージ・ラッセルが多くのレースに勝つことは確実であり、勝利を奪われるかたちとなったF1サヒールGPでのメルセデスF1とのデュー戦を笑い話として振り返ることができると考えている。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場。

ジョージ・ラッセル 「F1サヒールGPを見た母親と妹は泣いていた」

2020年12月11日
ジョージ・ラッセル 「F1サヒールGPを見た母親と妹は泣いていた」 / F1アブダビGP 木曜記者会見
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1を走らせてF1初勝利を逃したF1サヒールGPを見て、母親と妹が泣いてしまっていたことを明らかにした。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1デビューを果たし、金曜フリー走行を支配。経験豊富なチームメイトのバルテリ・ボッタスに0.026秒差に迫った。

レッドブルF1首脳、ジョージ・ラッセルの獲得を否定&角田裕毅に期待

2020年12月11日
レッドブルF1首脳、ジョージ・ラッセルの獲得を否定&角田裕毅に期待 「我々には才能のある若手がいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1サヒールGPで見事なパフォーマンスを披露したジョージ・ラッセルの獲得を検討しているとの報道を否定した。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスから出場したジョージ・ラッセルは、予選2番手、決勝でもレースをリードするなどその実力を印象付けた。

メルセデスF1、ボッタスとラッセルが謎のInstagramプロフィール変更

2020年12月10日
メルセデスF1、ボッタスとラッセルが謎のInstagramプロフィール変更
メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルがそれぞれのInstagramのプロフィールから所属チームを削除したというニュースに面白おかしく反応してみせた。

Expressは「先月、ボッタスのInstagramバイオには、メルセデスのF1アカウントへのタグが付いていましたが、その後削除された。その間、ラッセルはウィリアムズについての言及をすべて彼のバイオから削除しました。これは現在『フォーミュラ1ドライバー』とだけ書かれている」と伝えた。

ジョージ・ラッセル 「W11は足回りがしなやかでもグリップも抜群」

2020年12月10日
ジョージ・ラッセル 「W11は足回りがしなやかでもグリップも抜群」 / メルセデスF1
ジョージ・ラッセルは、F1サヒールGPで走らせたチャンピオンマシンのメルセデス W11を“芸術作品”だと称賛。“コントロールしている気分になれる”マシンだとその特徴を語った。

過去2シーズン、ウィリアムズの非力なF1マシンで後方争いを展開してきたジョージ・ラッセルだが、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1からF1サギールGPに出場。ラッセルのパフォーマンスは話題をさらった。

メルセデスF1代表、2021年のジョージ・ラッセルの起用をもはや除外せず

2020年12月10日
メルセデスF1代表、2021年のジョージ・ラッセルの起用をもはや除外せず
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のジョージ・ラッセルの起用を除外しなくなった。

F1サヒールGPで、メルセデスは、トト・ヴォルフが“巨大なしくじり”と表現するピットストップでの作業ミスでルイス・ハミルトンの代役として参戦したジョージ・ラッセルの勝利のチャンスを台無しにした。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に頭痛の種を与えられたことを願う」

2020年12月9日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に頭痛の種を与えられたことを願う」
ジョージ・ラッセルは、F1サヒールGPでのパフォーマンスがメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフにドライバーラインナップについて“2022年と言わず、もっと早く”に頭痛の種を与えることを望んでいる。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場したジョージ・ラッセルは、予選で2番グリッドを獲得し、決勝ではチームがピット作業ミスをするまで勝利が見えていた。

レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?

2020年12月8日
レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?
レッドブルF1は、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを大金を払ってでもメルセデスから奪うべきだ。そう語るのは元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースだ。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスの務めたジョージ・ラッセルがピットストップでの作業ミスまでトップを快走。その後、2021年のF1シートがまだ決定していないセルジオ・ペレスがセンセーショナルなF1初勝利を収めた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム