ジョージ・ラッセル 「F1サヒールGPを見た母親と妹は泣いていた」 / F1アブダビGP 木曜記者会見
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1を走らせてF1初勝利を逃したF1サヒールGPを見て、母親と妹が泣いてしまっていたことを明らかにした。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1デビューを果たし、金曜フリー走行を支配。経験豊富なチームメイトのバルテリ・ボッタスに0.026秒差に迫った。

決勝でジョージ・ラッセルは、スタートでバルテリ・ボッタスを攻略し、レースを快適にリードしていたが、無線通信の故障によって引き起こされたピットストップでの作業ミスによって希望は打ち砕かれた。

それでもバルテリ・ボッタスをコース上で抜いて2番手まで浮上してセルジオ・ペレスを追いかけたが、終盤にパンクに見舞われて再ピットインを余儀なくされ、9位でフィニッシュ。F1初ポイントを獲得したものの、悔しいレース展開となった。

ジョージ・ラッセルは、レース後に両親に電話をかけたが、遠くからレースを見守ったレースは悲しみに打ちひしがれていたと語った。

「母は涙を流していt。その後、彼女と妹が祝福してくれた」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕たちこのスポーツを一緒に生きている。とても情熱的で、感情はとても高い。実際、勝つだけでなく、ポイントを獲得する初めての機会だった。それは非常に大きな違いだ」

「一度ではなく二度も勝利を僕たちから奪うことは困難だった」

「その週末を振り返る時間があったし、堂々と去った。先週末に達成できた仕事を誇りに思っている」

今週末のF1アブダビGPではルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスから復帰し、ジョージ・ラッセルは本来のウィリアムズに戻る。

2021年のメルセデスF1移籍の可能性が取り沙汰されているラッセルだが、短期的にウィリアムズでの将来をコミットしている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、身長の小さいルイス・ハミルトンのマシンでセットアップに苦戦していたジョージ・ラッセルに畏敬の念を抱いた。

ルイス・ハミルトンよりも14cm身長が高いジョージ・ラッセルは、無理やり1サイズ小さなレーシングシューズを履き、手や指には小さすぎるクラッチパドルを使用し、1年前に成形されたシートを使用しなければならなかった。

「彼のレースは信じられないほどだった」とトト・ヴォルフはレース後に語った。

「彼は自分のために作られていないマシン、小さすぎて手に合わないパドルのマシンで最高の反応時間で発進した。そして彼は先頭に立ち、素晴らしいレースをした。2度勝った可能性がある」

「ジョージ・ラッセルは将来頼りになる人物であり、将来のスターが必要とするすべての可能性と要素を持っていることを学んだ」

「ジョージに畏敬の念を抱いている。我々は期待を高く設定したくはなかったが、彼は期待を上回る走りをし続けてくれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス / F1アブダビGP