ウィリアムズF1 「ラッセルがメルセデスF1で得た知識を生かしていく」
ウィリアムズF1は、サヒールGPでメルセデスのF1マシンでレースに出場したジョージ・ラッセルが提案したいくつかのアイデアを冬の間に実装する予定だと述べた。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスに感染したことを受け、ウィリアムズF1は、バーレーンでのレースでジョージ・ラッセルをメルセデスF1に貸与することに同意した。

ジョージ・ラッセルはそのチャンスを最大限に生かし、チームメイトのバルテリ・ボッタスに次ぐ2番手で予選を通過。決勝ではバルテリ・ボッタスを総合的に上回ったものの、メルセデスのクルーによるピットストップ時の作業ミスによってリードを失った。

だが、メルセデスF1とともに過ごしたレース週末はジョージ・ラッセルにいくつか有用な知識を得た。いくつか明かせないものはあるものの、マシンのスタートシステムなど、ウィアリムズF1に物事を改善するためのいくつかの指針を提供した。

「それが彼が言及したことだ」とウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者にデイブ・ロブソンは語った。

「彼は(メルセデスでのスタートで)特に良いスタートを切った。我々のマシンでも何度か良いスタートを切っているが、我々に欠けていたのは一貫性だと思う」

「それはドライバーよりも彼らがマシンで何をしているかに大きく依存しているかもしれない」

「彼は特にクラッチパドルをどのように変更したいかなどいくつかのアイデアを持っている。彼らが行っているのは人間工学のようなものだ。それは我々が冬に検討できることだ」

「おそらくドライブトレインシステム全体が少し違うと思うが、もっと興味深い傾向があるのは、タイヤの準備と、スタート時のグリップをどのように理解するか、すなわりクラッチのターゲットをどこに置くかだ。おそらく我々にはそこで学ぶべきことがあると思う」

デイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルが学んだすべてをウィリアムズに直接採用できるわけではないが、いくつかの一般的なアイデアは役立つ可能性があると強調した。

「基本的なマシンのペースはおそらく非常に異なるので、ラッセルが明らかに望んでいるほど、我々のマシンをそのように作ることはできない」とデイブ・ロブソンは語った。

「しかし、彼と本格的に話し合って、物事の優先順位を変えることはできるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / メルセデス / ジョージ・ラッセル