FIA、2023年のF1レースディレクターの計画を概説
FIA(国際自動車連盟)は、2023年もF1レースディレクターのニールス・ウィティッチを続投させるが、彼は次世代のオフィシャルを育成するプログラムのリーダーとしても活躍することになりそうだ。

昨年、2021年アブダビGPでのFIAの対応をめぐる論争を受け、モーターレーシングの統括団体はF1レースコントロールを2人の異なる人物が主導するシステムを選択。以前に起こったことから教訓を取り入れ、ニールス・ウィティッチとエドアルド・フレイタスがシーズンの大半をレースディレクターの役割を分担した。

最終的に、ニールス・ウィティッチはシーズン後半のF1レースディレクターを担当し、継続することが決まった。

しかし、FIAは長期的に強力な後継者計画が存在することを確実にすることに熱心であり、F1レースディレクターの全責任を一人の人物に委ねることは望んでいない。

したがって、FIAは、ニールス・ウィティチを継続させる一方で、将来のF1レースディレクターやスチュワードを育成するために、より集中的なトレーニングと開発プログラムを展開することを予定している。

これは来月、FIAがジュネーブで開催する「第1回オフィシャルズ・ハイパフォーマンス・プログラム」で正式に開始される予定だ。

現在、世界各国から8人のスチュワードと16人のレースディレクターがこのプログラムに参加している。

2月18日、19日の2日間にわたって行われるこのイベントのほか、研修生にはFIAのイベントに出席して上級役員の指導を受け、経験を積むための特別プログラムが提供される。

また、FIAはレースディレクターセミナーとインターナショナル・スチュワード・プログラムの形式を従来の年1回のイベントから変更。2023年からは、1年間のイベントの進展に合わせて対話を深めるために、ウェビナーシリーズを開催する予定だ。

モンテカルロ・ラリーでこの計画について語ったFIA会長のモハメド・ビン・スライエムは、物事が進展に満足していると語った。

「私は多くのことを受け継いだ」とモハメド・ビン・スライエムは説明。

「それが良い継承だったとは言わないが、レースディレクターやスチュワードへの道が順調に進んでいることにとても満足している。2月にはFIA本部でトレーニングがあり、その後の変化と進化が見られるだろう」

また、モハメド・ビン・スライエムは、将来のF1レースディレクターにとって最高の才能はラリーのコ・ドライバーに見出されるという彼の信念を繰り返した。

「経路の責任者は誰か?」とモハメド・ビン・スライエムは語った。

「ラリーの元コ・ドライバー、(ロナン)モーガンだ。ご覧のとおり、彼らは非常に構造化された人々だ。非常に分析的だ。ラリーのコ・ドライバーは、ラリーのドライバーよりも構造化されていると言えるだろう」

FIAは、F1レースでニールス・ウィティッチが指導する人物をまだ確認していないが、F3レースディレクターのクラロ・ジーガーン、F2レースディレクターのルイ・マルケス、シルビア・ベロットのようななどの上級スチュワードが含まれるようである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA