フェルナンド・アロンソにペナルティ裁定のF1スチュワードに誹謗中傷
フェルナンド・アロンソのF1アメリカGPでのペナルティを巡ってFIA(国際自動車連盟)のF1レーススチュワードのシルビア・ベロットに誹謗中傷が起こり、アロンソ自身とアルピーヌF1チームが非難した。

フェルナンド・アロンソは、ランス・ストロールとの激しいクラッシュにも関わらず、レースを7位でフィニッシュした後、30秒ペナルティを科せられていた。

フェルナンド・アロンソのミラーはクラッシュで損傷し、最終的に数周後に外れた。
レース後、ハースF1チームはフェルナンド・アロンソと同じくダメージを受けたセルジオ・ペレスの二人を正式に抗議。ケビン・マグヌッセンが同様のレベルのダメージでシーズン中に3回のブラック&オレンジ旗を与えられたため、一貫性がないとして抗議した。

セルジオ・ペレスの件は棄却されたが、スチュワードはレース後のチェックに合格したにもかかわらず、フェルナンド・アロンソの車は安全ではなかったとしてペナルティを科した。

アルピーヌF1チームは、ハースの抗議が所定の期限外に提出されたため、その正当性に異議を申し立てた。

木曜日にメキシコで、ハースF1チームの抗議は破棄され、フェルナンド・アロンソの7位が復活した。

しかし、ソーシャルメディア上ではペナルティを科すという裁定を下したFIAスチュワードのシルビア・ベロットを罵倒するメッセージが投稿されてた。

フェルナンド・アロンソはこれを非難した。

「この種の憎悪に満ちた行動は、スポーツや社会では受け入れられない」とフェルナンド・アロンソはインスタグラムに書いた。

「これらのコメントが僕たちのスポーツのボランティアや役員の1人に向けられていることは、特に嘆かわしいことだ」

アルピーヌF1チームもソーシャルメディアで声明を発表して非難した。

「FIAレーススチュワードのシルビア・ベロットに対する容認できない嫌がらせがあったことを知り、失望している」とアルピーヌF1チームは述べた。

「我々のスポーツにはいかなる形態の嫌がらせや虐待も許されず、我々はこの行為を非難する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / フェルナンド・アロンソ / F1アメリカGP / アルピーヌ