FIA、レッドブルとアストンマーティンのF1財務規則違反と今後の対応を発表
FIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1予算上限について各チームから提出された報告文書の審査結果を発表。レッドブル、アストンマーティン、ウィリアムズを除く7チームにはコンプライアンス証明書が発行された。

大規模チームと小規模チームの財力の違いによる競争力の差をなくすことを目的に2021年にF1は予算上限を導入。初年度は1億4500万ドルの上限が設けられた。

当初、FIAは10月5日(水)に審査結果を発表するとしていたが、10月10日(月)に延期。それにより、予算上限の超過が噂されたレッドブルとアストンマーティンに厳罰が科されるのではないかとの憶測が渦巻いた。

FIAは、告知していた10月10日(月)に報告文書の審査結果を発表。7チームにコンプライアンス証明書が発行され、3チームは違反があったと発表した。

実際に予算を超過したのはレッドブル・レーシングのみ。それでも“軽微”であるとFIAは述べた。アストンマーティンは手続き上の違反であり、ウィリアムズは今年5月に手続き上の違反で2万5000ドル(約330万円)の罰金がすでに支払われた件が修正中であるためとした。

以下が、FIAが発表した2021年F1財務規則 報告文書審査結果。


FIA COMPLETES REVIEW UNDER THE 2021 FIA FORMULA 1 FINANCIAL REGULATIONS
• 9チームが2021年のコストキャップ未満であることを確認済み
• アストン マーティンは手続き違反
• レッドブル・レーシングは手続き上および軽微な超過違反

FIA(国際自動車連盟)は、コストキャップ管理局が、2021年12月31日締めの2021年の報告期間における2021年のF1世界選手権に参加した各競技者から提出された報告文書の審査を完了したことを確認する。

FIAコストキャップ管理局は、10の競技者のうち7の競技者にコンプライアンス証明書を発行した。

アストンマーティン・アラムコ・コグニザントF1チームは、財務規則の手続き違反と見なされている。

オラクル・レッドブル・レーシングは、財務規則の手続き上、および、軽微な超過違反にあるとみなされている。

ウィリアムズ・レーシングは、2022年5月にコスト キャップ管理局がウィリアムズとABAを締結した以前の手続き上の違反を除いて、2021年の報告期間に関して財務規則を順守している。その後、この手続き上の違反は、ウィリアムズによってタイムリーで協力的かつ透明性のある方法で修正された。

提出された報告書類の審査は集中的かつ徹底的なプロセスであり、すべての競技者は、この財務規制の最初の年に財務状況を評価するために必要な情報を提供することを全面的に支持しました。 FIA コスト キャップ管理局は、すべての競技者がプロセス全体を通じて、常に誠意と協力の精神で行動したことを指摘する。

また、FIA は財務規則の適用の最初の年に関して、FIAコストキャップ管理局の介入は、競技者によって行われた提出物のレビューに限定されており、完全な正式な調査は開始されていないことにも留意する。

FIA コスト キャップ管理局は現在、アストンマーティンとレッドブルに関して財務規則に基づいて取るべき適切な措置を決定しており、規則に従って詳細な情報が伝えられる。

Note to Editors
FIA F1世界選手権では、競技者の全会一致の承認を受けて、2021年シーズンから財務規則が導入された。財務規則の意図は、チャンピオンシップの長期的な実行可能性を確保し、競技者間のパフォーマンスの収束を促進して、よりエキサイティングなレースを作成するために、チャンピオンシップへの支出を制限することにある。

スポーツ全体の複雑さを反映して、レギュレーションは非常に複雑だ。競技者の提出物がFIAコストキャップ管理局によって監査されるプロセスには、かなりの量の作業が必要であり、FIAが予想する時間内に実行された。これは、他の主要なスポーツ大会で見られる時間枠に似ている。

コストキャップ管理局は、財務規制の遵守を管理、監視し、監査プロセスを通じて、またはこれが正当であると見なす場合、完全な調査を開始することにより、違反の疑いのある事例を調査し、申し立てられた違反に関して適切な執行措置を講じる責任がある。

コストキャップ管理局には、財務規制違反の申し立てに対処する際にいくつかの選択肢がある。適切と判断された場合、手続き上の違反または軽微な過払い違反の場合、関係する競合他社とのABA(Accepted Breach Agreement/違反を認める協定)と呼ばれる和解へと進む。合意に達することができない場合、またはコスト キャップ管理局がより適切であると判断した場合は、ケースをコストキャップ裁定パネルに照会する。重大な超過支出違反が疑われる場合、コスト キャップ管理局は、そのケースをコストキャップ裁定パネルに付託する必要がある。

コスト キャップ裁定委員会は、投票権を持つFIAスポーツ加盟協会、または5つ以上のF1チームのグループのいずれかによって提案された候補者の中から、FIA規則に従ってFIA総会によって選出された6人から12人のジャッジのパネルで構成される。

手続き上の違反は、財務規制に詳述されているように、金銭的罰則および/または軽微なスポーツ罰則 (悪化要因のケース) につながる可能性がある。軽微な超過支出違反 (<5%コスト キャップ) は、金銭的ペナルティおよび/または軽微なスポーツペナルティをもたらす可能性がある。コストキャップ裁定パネル以前に確認された場合、マテリアルオーバースペンド違反 (>5% コスト キャップ) に限って必須のコンストラクターズチャンピオンシップ ポイント減点となり、追加の金銭的ペナルティおよび/またはマテリアルスポーツペナルティが発生する可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA