F1:元FIA会長マックス・モズレー、死因は末期がんを苦にした拳銃自殺
FIAの会長としてF1を統治していたマックス・モズレーの死因が、末期がんを苦にした拳銃自殺であったことが死因審問で明らかになった。

1993年から2009年までの16年間FIA会長を務めたマックウ・モズレーは、昨年5月にロンドンの自宅で81歳で死亡しているのが発見された。彼は死ぬ前の2年間、B細胞リンパ腫に苦しんでおり、2021年の初めに「余命は非常に限られている」と宣告された。

3月29(火)にウェストミンスター検死官裁判所で行われた死因審問で、マックス・モズレーは、緩和ケアによってのみ軽減することができたが、治癒することはできなかった慢性の腸と膀胱の痛みを経験していたとした。

上級検死官のフィオナ・ウィルコックス博士は、マックス・モズレーの死を自殺と判断した。彼女はまた、マックス・モズレーが彼の個人秘書に彼が自殺するつもりであることを知らせ、遺書を残し、自分自身を撃つ前に妻ジャンと最後の食事をしたと裁判所に語った。

「終末期の病に耐えていた彼が彼がショットガンを自分自身に使用したのは明らかでした」と検死官は語った。

「彼が人生と両立できない病におかされていたのは明らかでした」

彼女はさらに「モズレー氏がこの行動をとらなかったとしても、苦痛を伴う衰弱性の末期リンパ腫のためであったことに完全に納得しています」と付け加えた。

隣人とマックス・モズレーの家政婦は、寝室のドアに『中に入るな。警察を呼べ』というメモを見つけた後、999に電話をかけた。

彼のPAであるヘンリー・アレクサンダーは、彼に人生を終わらせないようにマックス・モズレーに懇願したと語った。

「彼は絶望的に肘掛け椅子に座っていました。彼は私に話しかけ、『心から感謝している』と言いました」とヘンリー・アンダーソンは語った。

「彼は『十分だ。自殺するつもり』だと言いました。私は彼に再考するように頼み、『お願いします。別の方法があるに違いありません』と言いました」

「彼は『決心している』と言いました。私が彼に懇願し、『24時間もらえないか』と尋ねたところ、彼は『なぜ?』と言いました」

マックス・モモズエーは、1994年のサンマリノグランプリでアイルトン・セナが亡くなった後、世界選手権で安全基準の改善を推し進めることで、F1に変革をもたらしました。彼はHANSデバイスの導入とより厳格な衝突試験を監督した。

FIA会長職の前は、法廷弁護士であり、1969年にロビン・ハード、アラン・リーズ、グラハム・コーカーとともにレーシングカーのコンストラクター兼F1チームであるマーチ・エンジニアリングを設立した。

チームを3回のグランプリで勝利に導いた後、マックス・モズレーは1977年に辞任し、バーニー・エクレストンとともに、F1CA、次にFOCAを結成した。

マックス・モズレーは、1993年にジャンマリー・バレストルとの選挙に勝ち、FIAの会長に就任した。 2009年に再選に立候補しないことを決定し、最終的には2021年12月までその地位を維持していた元フェラーリのF1チームであるジャン・トッドと交代した。

マックス・モズレーは、彼の個人的な生活の中で論争が絶えなかった、スポーツとより広い自動車産業に大きな痕跡を残した。

2007年のスパイスキャンダルでマクラーレンに罰金を科すという決定に深く関わっていたが、会長の任期は、彼の性生活に関する記事を書いたニュース・オブ・ザ・ワールドを法廷で訴えたときに終った

事件を高等法院に持ち込んだ後、マックス・モズレーがナチスをテーマにした乱交に参加したと誤って報道したタブロイド氏から60,000ポンド(約965万円)の損害賠償を勝ち取った。

元F1の最高経営責任者のバーニー・エクレレストンは彼の死について「家族を失うようなものだ。マックスと私は兄弟のようなものだった。彼はモータースポーツだけでなく、人々が安全な車を作ることを確実にするのに自動車業界でも多くの良いことをした」とBBC Sportsに語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA