F1:耐火性能を高めた新仕様のレーシンググローブを承認
F1は、耐火性能を高めた新仕様のレーシンググローブを承認した。

昨年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュを喫したロマン・グロージャンが手に酷い火傷を負ったことで、FIA(国際自動車連盟)にとってレーシンググローブが研究の焦点となった。

F1トルコGPでは、4社の異なるサプライヤーの5名のドライバーが新しいレーシンググローブを試した。ルイス・ハミルトン(プーマ)、カルロス・サインズ(プーマ)、ダニエル・リカルド(スパルコ)、セバスチャン・ベッテル(アルパインスターズ)、ジョージ・ラッセル(OMP)

「ロマンがクラッシュした直後に、グローブを改良できることに気づき、すぐに作業を開始した」とF1レースディレクターのマイケル・マシは語った。

Algemeen Dagblad  は、新しいレーシンググローブが「承認された」と報じた。

スパルコ製のレーシンググローブを試したダニエル・リカルドは「違いに気づかなかった。問題なかった」と語った。

マイケル・マシは「ドライバーからのフィードバックはポジティブだった。誰もが満足していた」と同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA