FIA、電動GTカーによる“革新的”な新シリーズの技術詳細を発表
FIA(国際自動車連盟)は、電動GTカーによる新カテゴリーの急速充電を含むいくつかの新しい技術規制を発表した。

この先駆的なコンセプトは、これまでモータースポーツでは見られなかった革新のユニークな組み合わせを具体化しており、高性能ロードカーに関連する技術を開発するためのプラットフォームとしてメーカーに役立つことを目的としている。

この一連の技術規制に従って製造されたマシンは、フルレングスのパーマネントサーキットで競争し、パフォーマンスと航続距離の点でモータースポーツの電気自動車の新しい基準を設定する。

マシンは、現世代のGT3カーと同様のパフォーマンスウィンドウで動作するが、加速や予選ペースなどの分野で、内燃エンジンを搭載したマシンを上回る。

最先端の技術とコスト管理
新しいクラスは、メーカーの直接的な関与に基づいており、OEMが創造性の観点から自己表現できるようにすることと最先端の技術を開発することの適切なバランスを実現すると同時に、コストの上昇を防ぐための技術規制が用意されている。

このカテゴリーは、これまでに内燃エンジンモータースポーツの経験がない電気自動車建設のスペシャリストと、GT3クラスにすでに取り組んでいるメーカーの両方に開放され、既存のマシンのアーキテクチャと特定の設計要素を利用して、それらを電力に変換できるようにしていく。

ベースモデルによって、車の最小重量は1490kgから1530kgまで変化し、最大出力は430kWに達する。GT3クラスよりも高い重量しきい値を設定され、高価な材料の使用が制限される。

業界をリードするバッテリー会社とのパートナーシップ
新しいクラスは、標準化されたバッテリーに依存しない電動モータースポーツの最初のものになる。主要なコンポーネントをインストールするために利用できるさまざまなスペースを備えた、非常にさまざまなアーキテクチャのマシンに対応する。

Totalの子会社である業界をリードする企業Saftとの提携により、メーカーはSaftが提供するセルに基づいて独自の特注バッテリーレイアウトを構築できるようになる。Saftは、航空学、宇宙計画、防衛、モータースポーツなどの分野での100年の経験に基づいて、新しいクラスのニーズに最適化された特注のリチウムイオンポーチセルを開発した。

セルは、700kWのピーク再生と700kWの高速再充電を可能にするように設計されており、レース中のピットストップ中に数分以内に容量の60%まで補充できるようになる。充電ネットワークは、急速充電の要件を満たすように開発され、会場に応じて、恒久的および一時的なインフラストラクチャの要素が含まれる。行動の関連性急速充電に加えて、このカテゴリには、技術移転の観点から関連する他のいくつかのイノベーションが含まれる。

すべてのメーカーは、2輪駆動と4輪駆動の両方の構成が許可され、2つまたは4つの電気モーターで構成される独自のパワートレインセットアップを自由に選択できる。

また、速度、加速、トラクション、ステアリング角度に基づいて各ホイールのトルクを自動的に調整する動的な車両制御を備えているため、最高のハンドリング特性を備えている。

持続可能な長期ビジョン
この新しい概念の導入は、モータースポーツ分野のポートフォリオ全体で持続可能なエネルギー源の実現のためにFIAの長期ビジョンに沿ったCO2排出量の削減へのアプローチの例を設定する。同時に、自動車業界の最新のトレンドを反映し、市場の需要に応える。

電動GTカーのコンセプトに基づいて構築された新しい世界レベルの競争のプロモーターは、やがて発表される。

ジャン・トッド(FIA会長)
「FIAのビジョンは、モータースポーツを持続可能なモビリティの実験室にすることだ。この新しい電動GTカーカテゴリーの発表は、新しいバッテリーと急速充電技術への道を開くため、この目標を達成するための重要なマイルストーンだ。レースからロードへのアプローチの完璧な例だ」

レーナ・ゲード(FIA GT委員会委員長)
「ハイパフォーマンス電動市販スーパーカーの市場は絶えず上昇しており、メーカーが自社の技術を開発して展示できるプラットフォームが非常に必要だった。これらの技術規制を作成することが重要だった。これらの技術規制の作成は、過去18か月間FIAGT委員会にとって重要なプロジェクトだった。テクニカルワーキンググループを通じてGTメーカーと定期的に話し合いを行っており、この新しいカテゴリに強い関心が寄せられている。 また、FIAのGTポートフォリオを拡大し、GT3と共存する。これは、当面の間、世界中のカスタマーレーシング市場の焦点であり続けるだろう」

ザビエル・メステラン・ピノン(FIAテクニカルディレクター)
「自動車産業における電気推進の役割はますます高まっている。モータースポーツをwレ割れの産業に関連させたいので、ますます多くの競争がこの方向に進んでいる。主な技術的課題は、バッテリー開発、自動車へのバッテリー統合、および急速充電技術だ。 これは、標準コンポーネントに依存するのではなく、市販車関連のテクノロジーを開発したいメーカーにとって非常に重要だ。 また、GT3プラットフォームを利用および適応できることで、コストを確実に管理できる」

FIA ANNOUNCES GROUNDBREAKING ELECTRIC GT CATEGORY

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA