F1:ジャン・トッド 「ハミルトンの覇権はシューマッハ時代よりも強力」
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、2000年代初頭のミハエル・シューマッハのピーク時よりも、現在のルイス・ハミルトンの方がF1でより支配的な存在であると宣言した。

ミハエル・シューマッハは、2000年から2004年にフェラーリでF1ワールドチャンピオンを5連覇。ベネトン時代の2回に加えて、10年間で7回のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

ルイス・ハミルトンは2020年にミハエル・シューマッハの記録に並ぶ7回目のF1ワールドチャンピオンを獲得。今後もメルセデスF1との契約を延長すると仮定すると、2021年にその記録は破られる可能性がある。

ミハエル・シューマッハがフェラーリに所属していたときにチームプリンシパルだったジャン・トッドは、ルイス・ハミルトンがシューマッハよりもさらに強力な存在感を示していると認める。

「メルセデスとルイスの覇権、優位性は、フェラーリとマイケルとの当時の優位性よりも大きいと感じているし、そのために引用されると思う」

「本当に傑出している」とジャン・トッドは、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の両方の功績を称えた。

「非常に構造化された組織化されたドイツのチームであり、非常に才能のあるドライバーがいた。ドライバーはまったくミスを犯していないし、今回もとにかくその組み合わせだった」

「ルイスは、成功について話すたびに、彼は成功のために彼を支えているチームについて話をする。私はルイスに多くの信用を与えなければならない」

「マシンが非常に信頼性があったのは彼らの功績だ。(新型コロナウイルス感染のために)欠場した2回目のバーレーンレースを除けば、ルイスは2年間でレースでポイントを落とさなかった」

「非常に感銘を受けてきたし、2020年まで感動するのを待たなかった。彼は7回目のワールドチャンピオンになったことを祝っているが、私は少なくとも6回目に感銘を受けていた」

ジャン・トッドは「彼のチームが確保してきた継続性にも感銘を受けた」と2014年から2020年までの世界選手権を7連覇したメルセデスの記録的な達成に言及して語った。

「我々は、スポーツマンやスポーツウーマンだけでなく、人間とマシンの世界にいる。ここでは、それは卓越したチームスピリット、チームワークの最良の例だ」

「非常に感銘を受けたし、明らかにそれはいくつかの記録に並び、いくつかの記録が破られた理由を説明している」

長年の友人でもあるミハエル・シューマッハとルイス・ハミルトンのどちらが総合的に優れたドライバーかについては、ジャン・トッドは発言のバランスに注意し、お気に入りを選ぶことはなかった。

「我々は異なる人物、様々な要因について話をしていると思う。実際に比較できるのは、7対7だけだ」とジャン・トッドは語った。

「異なる考え方、異なるアプローチを持つイタリアのチームがあった。よく構成され、よく組織されたチームになり、ミハエル・シューマッハという素晴らしいドライバーもいた」

ジャン・トッドは、先月の授賞式でそれぞれ7回のタイトルを称え、ルイス・ハミルトンとミハエル・シューマッハの両方に特別なFIA会長賞を授与した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / フェラーリ / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ミハエル・シューマッハ