FIA会長、2023年のe-fuel導入によるフォルクスワーゲンのF1参入に期待
FIA会長のジャン・トッドは、2023年のe-fuelの導入によってフォルクスワーゲンがF1参入を検討してくれることを期待していると語る。「

現在、フォルクスワーゲン傘下のアルディとポルシェは電気自動車シリーズのフォーミュラEに参戦しているが、先月、フォルクスワーゲンのフォルクスワーゲン・グループのCEOであるヘルベルト・ディースは、F1が“合成燃料”を導入すれば「フォーミュラEよりもはるかに刺激的で楽しい技術競争」になると語った。

FIA会長のジャン・トッドは、2023年にF1が計画している「e-fuel」の導入が、より優れたエンジンレギュレーションへの道を開くだろうと語った。

「2023年からe-fuelの使用に成功すれば、エンジンアーキテクチャの選択にも柔軟に対応できる」とジャン・トッドは語った。

「効率が良いままであれば、それほど複雑ではないエンジンについて考えることもできる」

ジャン・トッドは、フォルクスワーゲンのF1での将来に関する最近のヘルベルト・ディースの発言を見たことを認めた。

「それについては聞いているが、ディース氏から個人的にというわけではない」とジャン・トッドは言った。

「だからこそ、自分の発言には注意したい。彼が本当にそう言ったかどうかはわからない」

「彼がそう言ったのであれば、私は彼にしか『F1へようこそ』としか言うことができない」

ジャン・トッドは、F1におけるコスト削減策について批判を受けており、過去の大音量のV8エンジンを破棄したことは大きな間違いだったと考える人もいる。

「時間とともに、我々のマシンと周りの世界は完全に変化した」とジャン・トッドは述べた。

「今日のエンジンを好きになることも、嫌いになることもできる。しかし、ハイブリッド化なくいて我々は生き残れなかっただろう」

また、ジャン・トッドは、F1の天文学的なコストを攻撃しなければならなかったと主張する。

「インディアナポリスに行ってきたばかりだが、良いモータースポーツを目にした。一部のチームは800万ドルで参戦している」
とジャン・トッドは、無制限のテスト、タイヤ戦争、そして、F1における自由な技術競争が戻ってきた場合、“F1を殺す”になるだろうと語った。

また、ジャン・トッドは、新規参入するチームが、既存の10チームに均等に配当されるように2億ドルの支払いをしなければならないという決定を擁護した。

「10チームよりも12チームが望ましい」とジャン・トッドは語る。

「しかし今のところ、この手数料は申請者が真剣であることをある意味で保証するものだ」

「予算上限のある新しいシステムが統合されれば、クラブを補充するかどうかについて話し合うことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / フォルクスワーゲン