フェラーリ・SF90ストラダーレ
フェラーリは、SF90ストラダーレ(SF90 Stradale)を発表。フェラーリ初となるPHEVアーキテクチャーを採用したモデルとなり、V8ターエンジンと合わせて1000psを発生する。

SF90ストラダーレは、あらゆるレベルで非常に優れており、プロダクション車輌としては、前例のない性能を発揮する。出力1,000ps、パワーウェイトレシオ 1.57km/ps、速度250km/hでのダウンフォース390kgという性能は、このセグメントのみならず、ブランド史上初めてV8 がラインナップの頂点を極めたことを意味する。

今季のフェラーリのF1マシン『SF90』と同じ名前が施されたSF90ストラダーレは、その性能で達成した真の意味を要約している。スクーデリア・フェラーリ創立90周年のレファレンスは、フェラーリのレース・カーとロードカーとの強い絆を強調するもの。マラネロで開発された最先端技術を見事にカプセル化した SF90ストラダーレは、フェラーリが、レースで培った知識やスキルを、いかに迅速にロードカーへ移転できるのかを完璧に示している。

SF90ストラダーレは、PHEV(プラグイン・ハイブリッド・エレクトロリック・ビークル)アーキテクチャーを採用したフェラーリ初のモデルとなる。搭載されるV8ターボエンジンは、フェラーリ 8気筒史上最高となる出力 780psを誇る。残る220psは、3基のエレクトリック・モーターによって供給される。1基は、フォーミュラ1アプリケーション由来のMGU-K(モーター/ジェエレーターユニット、キネティック)で、エンジンと新しい 8速デュアルクラッチトランスミッションの間に搭載し、リア・ホイールを駆動する。残る2基は、フロント・アクスルに搭載され、左右のホイールを駆動する。

この洗練されたシステムは、決してドライビング・エクスペリエンスを複雑にはしない。ドライバーは単に4つのパワーユニット・モードから1つを選択し、あとはドライビングに集中するだけ。V8、エレクトリック・モーター、バッテリー間のパワーのフローは、洗練された制御ロジックが担う。

SF90ストラダーレ は、フェラーリのスポーツカーとして初めて4WDを搭載。これはハイブリッドのパワートレインが発揮する強力なパワーをフル活用するために必要な手段。また、デザイナーに0-100km/h 加速2.6秒、0-200km/h加速 6.7秒というスタンディング・スタートの新しいベンチマークの設定を可能にした。

フェラーリの技術者は、ダイナミックコントロールのレンジをさらに広げる、フル・エレクトリック・フロントアクスル、 RAC-e(電子コーナリング・セットアップ・レギュレータ)を導入した。これは電動走行での動力を供給するだけでなく、2基のフロント・モーターが独立してトルクを制御し、トルクベクタリングのコンセプトを拡張するシステム。ビークルダイナミック・コントロールに完全統合されたこの RAC-e は、トルクの分配を管理し、限界域でのドライビングを一層簡略化する。

RAC-e は、トルクベクタリングのコンセプト全体を統合、拡張し、ビークルダイナミクスの状態を常に監視して安定性を制御する。フロントのエレクトリック・モーターは、トルクを調整して操舵安定性を図ります。これにより、自信をもって限界域でのドライビングを簡単かつ安全に行う。

このハイブリッドアーキテクチャーを導入する上でのチャレンジは、追加重量の管理だった。車全体の最適化と重量減.を徹底的に追求して解決を図った。統重量、剛性、重心を考慮して最大限の性能を発揮させるために、SF90ストラダーレのシャシーとボディシェルは、すべて新しく、マルチマテリアル技術を導入して製造された。

このようなハイブリッド車輌の開発には、いくつかの革新的な空力ソリューションが要求される。また、パワーユニットの性能向上とともに、放熱の必要性も増えるため、放熱体の空力フローを徹底的に検討することが開発チームの任務だった。一方、ダウンフォースの効率的な増加、全ての速度および運転状況における絶大な安定性をもたらすための、新しいソリューションが求められた。

特に特徴的なデバイスは、斬新的なシャット・オフ・ガーニー。これは、フェラーリが特許を取得したアクティブ・システムで、車体後部に搭載され、横方向のダイナミック荷重が低い高速走行時でのボディ上面気流を制御し、コーナリング、ブレーキング、方向変換時にダウンフォースを強化する。

スタイリングに関しても、20年前、360モデナに導入されたミッドリア・エンジン・スポーツ・ベルリネッタのプロポーションを完全に書き換えた。それに代わって、近年のフェラーリ・スーパーカーからインスピレーションを得ている。好例として、コックピットは、ドラッグ低減を図るべく、これまでよりも前面投影面積が小さくなり、位置が車体前方に移動した。これらの変更は、乗車快適性を一切犠牲にしていない。

また、この車で初めて、レーシングから生まれた「目は路上、手はステアリングホイール」という思想が中心に置かれ、インテリアのエルゴノミクスとスタイリングに大変革をもたらした。その結果、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)とインテリア・レイアウトのコンセプトは、これまでのモデルとは完全に異なっている。

もうひとつの大きな技術革新は、ステアリングホイール。タッチパッドとハプティック・ボタンによって、ドライバーは、親指だけで車の様々な機能を制御できるようになった。中央のインストルメントクラスターは、完全デジタル化され、ステアリングホイールに設置したコントロールで全ての設定、操作ができる16インチ曲面 HDスクリーン(市場初)を備えている。

また SF90ストラダーレとともに、モデル名が付きパーソナライズされた完全キーレス技術によるイグニッション・キーがデビューする。これは、この先徐々に全てのモデルに導入されるもので、センタートンネルの特別なコンパートメントによって、車のスタイリングに欠かせない要素となる。

フェラーリ・ロードカーに採用されている、伝統の長方形のPrancing Horse(跳ね馬)バッジをフォルムと色で表現したスポーティ・バージョンに加え、よりエレガントな金属色バージョンも用意している。

フェラーリとして初めて、標準仕様車と、スポーツ指向仕様車のふたつのバージョンを用意し、どちらかのバージョンを選ぶことができる。Assetto Fiorano 仕様には、GTレーシング由来の大幅なアップグレード要素として、マルチマチック・ショック・アブゾーバー、カーボンファイバー(ドアパネル、アンダーボディ)、チタン(スプリング、エグゾーストライン全体)など、高性能素材を採用した超軽量コンポーネントが含まれており、これによって30kgの軽量化を達成している。もうひとつの異なる要素は、速度 250km/hで390kgのダウンフォースを発生する、高ダウンフォース・カーボンファイバー製リアスポイラーだ。Assetto Fiorano には、ドライ・トラックでの性能向上に向けて、専用に開発された Michelin Pilot Sport Cup2 タイヤが装備される。標準タイヤに比べて、よりソフトなコンパウンドと浅いグルーヴが特徴となる。

フェラーリ SF90ストラダーレFerrari SF90 StradalSF90ストラダーレフェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / 自動車ニュース