フェラーリF1 「タイヤデグラデーションが悪化したという理論は誤解」
フェラーリF1は、2022年シーズン中にタイヤデグラデーションが悪化したという理論は「誤解」だったと考えている.

シャルル・ルクレールがシーズン最初の3つのグランプリのうち2勝を挙げ、フェラーリはタイトル候補チームとしてシーズンを開始。フェラーリは、純粋なペースの点で最速の車だけでなく、シーズンの初期段階では、ライバルのレッドブルよりもタイヤデグラデーションで優れていたことも注目に値した。

しかし、レッドブルは、RB18の重量を減らし始めたことで、タイヤの寿命が改善し、シーズン後半にタイヤに苦労していたのはフェラーリだった。

外部からはフェラーリがタイヤの寿命を縮め、レッドブルが大幅な利益を上げたように見えたが、フェラーリは物事がそのようには見ていない。代わりに、タイヤ寿命が短くなったのは、最速の車ではなくなった結果であると考えている。

フェラーリのドライバーはレッドブルに追いつくためにより強くプッシュする必要があり、それがタイヤをさらを傷めることになった。

フェラーリのシニアパフォーマンスエンジニアであるジョック・クリアは、チームのタイヤのデグラデーションが悪化したという印象について「正直、それは誤解だと思う」と述べた。

「我々が苦労したのは究極のペースだと思う。今年の初めの12~13レースで2人のドライバーはレッドブルと真っ向から戦うことができた」

「レッドブルはコンマ2秒差を少し縮めたので、我々はポールポジションを獲得できなかった。それで、我々は少しキャッチアップをしていた」

「そして、もちろん、実際に自分よりも速いマシンとレースをしようとすれば、それはタイヤデグレーションに現れると思う。したがって、それは我々にとって大きな問題ではなかったと思う」

ジョック・クリアは、フェラーリとレッドブルのパフォーマンスがまったく同じだったレースでは、実際にはタイヤデグラデーションに関してどちらかを選択する余地はほとんどなかったと考えている。

「マシンバランスが取れていたときは、タイヤデグラデーションはレッドブルよりわずかに良かった」とジョック・クリアは語った。

「しかし、今シーズンの終盤、我々はシャルルがレッドブルに追いつこうとしていることに苦しんでいた。残念ながら、レッドブルの方が少し速い車だった」

「レッドブルにしがみつくために、タイヤを少し使いすぎた。そして、もちろん、シャルルが『オッケー、ついていけない。彼を行かせよう』と言うのは非常に難しい。彼はレーシングドライバーだ。そんなことにはならない」

「つまり、タイヤを少し使いすぎて、長いスティントでその代償を払うことになる」

マックス・フェルスタッペンにF1ワールドチャンピオンを奪われた後、シャルル・ルクレールは、2023年に向けて信頼性と戦略を改善することと同様に、タイヤマネジメントをもっとよく把握することが重要であると考えた。

「シーズンのある時点で信頼性に問題があり、後でペナルティやその他のことで代償を払った」とシャルル・ルクレールはアブダビでのシーズンフィナーレで語った。

「戦略、シーズンのある時点であまりにも多くのミスを犯してしまったと思うし、タイヤマネジメントについても、100%十分な一貫性を保てていなかった」

「アブダビは良いレースだったけど、非常に悪いレースもあったし、常に良いタイヤマネジメントを行う方法をまだ理解していないように思う」

「これらは、現時点で僕たちが注力している3つの重要な側面だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ