フェラーリF1代表、シャルル・ルクレールをステイアウトさせた戦略を擁護
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1イギリスグランプリでチームは正しい戦略判断を行ったと信じているが、その決定は明らかにシャルル・ルクレールを苛立たせた。

シャルル・ルクレールは、レース序盤からフロントランナーの1人であり、終盤にはレースをリード。チームメイトのカルロス・サインツJr.とルイス・ハミルトンが彼の後ろを走行していた。

しかし、残り13周で配備されたセーフティカーは、フェラーリ陣営に奇妙な決定を引き起こした。フェラーリのストラテジストは、カルロス・サインツJr.だけピットに入れて新品のソフトタイヤに交換させたが、シャルル・ルクレールに関してはハードライヤのままステイアウトさせてリードを維持させることを選択した。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、ダブルピットストップをしたくないというチームの判断を部分的に正当化した。シーズン序盤のモナコでそれはチームに多大なコストをかけた決定だった。

シャルル・ルクレールにとって残念なことに、この動きはカルロス・サインツJr.に即座にアドバンテージをもたらした。サインツはレースのリスタートでチームメイトを迅速にオーバーテイクし、F1初優勝を勝ち取った。

シャルル・ルクレールは、セルジオ・ペレスとルイス・ハミルトンを抑えるため最善を尽くしたが、最終的に4位でチェッカーフラックを受けた。

レース後、シャルル・ルクレールは「今はコメントしたくない。それについて話し合い、それのチームをチームと一緒に完全に把握したい」とチームの決定について語った。

「個人的にレース前半はとても強いと感じていた。そのあと少しタイムを失った。これが最終決定を変えたかどうかは分からないけど、今後のためにすべてをチェックする必要がある」

マッティア・ビノットは、フェラーリの選択判断、シャルル・ルクレールはピットに入れず、カルロス・サインツJr.だけタイヤを交換させた理由について説明した。

「何が起こったのかと言うと、我々の見解では、2台は近すぎて両方をストップすることができなかったので、決断を下さなければならなかった」とマッティア・ビノットは語った。

「2台が良いポジションを争っていたのは我々だけだった。他チームは1台しかいなかったので、決定がはるかに簡単なのは確かだ」

「我々の場合、2台がいて、両方を止めるための十分なギャップがないことが分かった。2台目はピットストップでタイムを失ってコースに戻ることになっていただろう」

では、なぜフェラーリは、レースをリードしていたシャルル・ルクレールではなく、カルロス・サインツJr.をピットインさせることを選んだのだろうか?

「シャルルはトラックポジションを獲得していたからだ。彼はリードしていたし、レースのリーダーであり続けただろう」とマッティア・ビノットは説明した。

「彼のタイヤはカルロスのタイヤよりもフレッシュだった。彼はカルロスのタイヤよりも6~7周少なく、良い状態にあった」

「そして、カルロスがストップして2番手になることで、彼ならばハードでスタートして少し難しいことが分かっていた最初の数コーナーで少なくともプロテクトしていただろう。それが我々が決断した理由だ」

「それから、我々はソフトの方がタイヤデグラデーションが増えることを期待していた。シャルルは、最初の3~4周は難しかったかもしれないが、その後は回復した。だが、ソフトは我々が期待したようには劣化しなかった」

マッティア・ビノットは、全体としてスクーデリア・フェラーリがレースで適切な判断をしたと感じているが、シャルル・ルクレールをピットインさせないという決定は疑わしいことを認めた。

「彼はポジションを取り戻していただろうか? 私には分からない」とマッティア・ビノットは語った。

「後から考えて、別の方法ができた可能性があると言うのは簡単だと思う」

「その時点でレースを快適にリードしていた悪いタイミングで再びセーフティカーが入った」

最後に、レース直後にシャルル・ルクレールと緊密な会話をしたマッティア・ビノットは、ドライバーの失望とフラストレーションを十分に理解していると語った。

「彼が失望しているのが分かったし、苛立つのは理解できる。彼はレースをリードしていて、快適だったからね」とマッティア・ビノットは語った。

「セーフティカーが出たとき、彼は非常に速かった。マックスが問題を抱えていたので、彼にとって今日はチャンピオンシップという点で素晴らしい機会だった」

「その後、セーフティカーが出て、レースの終わりが難しくなった。彼が失望しているのは間違いない。彼に会ったとき、彼が失望しているのが分かった」

「しかし、私が彼に言ったことは、彼は再び素晴らしいレースをしたということだ。彼はレースの素晴らしいファーストラップを行い、バトルをしていた。セーフティカーのリスタート後も、彼のドライビングとポジションを保護した方法は素晴らしく、並外れていた」

「彼の走りは素晴らしかったので、落ち着いてくれと伝えた。今日も彼は不運だった」

スクーデリア・フェラーリ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イギリスGP