フェラーリF1、イモラ/バルセロナでF1-75にアップグレードを投入へ
スクーデリア・フェラーリは、4月後半にイモラでF1のヨーロッパシーズンがスタートするときに、F1-75に最初のアップグレードを投入すると報じられている。

フェラーリは、2022年F1シーズンの好スタートを切り、フィールドの最前線でレッドブル・レーシングと激戦を繰り広げている。新世代F1マシンが投入された今年は、F1がヨーロッパに戻ったときに多くのアップグレードが良そうされており、フェラーリも例外ではない。

報道によると、フェラーリは、今週末のF1オーストラリアGPに臨むF1-75の現在のパフォーマンスに満足しており、シミュレーターの結果では、改訂された速いレイアウトでF1-75の強みを発揮し、バーレーンとサウジアラビアで彼らが示した競争力を維持できると考えられているという。

ほとんどのF1チームにとって、車の重量を減らすことが最優先事項の1つであると言われている。唯一、アルファロメオF1チームだけが、F1の新しい最小重量に近づくことができる車を設計したと考えられている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコは、2週間でF1がイモラに到着するときに、チームがRB18の軽量化を計画していることを明らかにしており、一部報道では、それは8kgに相当すると言われている。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、シーズン終盤に向かって勢いを失った2017年と2018年と比較して、今シーズンはタイトルを争うためのより良い立場にあると考えている。

また、フェラーリが競争力のある車を作るために行った仕事について称賛したが、ライバルが初期のラウンドで急速な改善をすることが期待しているので、誰が最速の車を持っているかを確認する際に注意を促した。

「我々が他の人よりも有利だとは思わない。誰がそれを持っているかは、最初の5レースの後でのみわかるだろう」とマッティア・ビノットはBildに語った。

現在、フェラーリはコンストラクターズランキングで首位、ドライバーズランキングではシャルル・ルクレールが首位、カルロス・サインツが2位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1エミリア・ロマーニャGP