フェラーリF1代表 「予算上限の取り締まりが開発戦争を左右する」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1チームが形勢を一変させるアップグレードを見つけることを防ぐために、F1の予算上限をしっかりと取り締まるようFIA(国際自動車連盟)に要求した。

F1チームは、完全に新しいレギュレーションの下で開発された2022年F1マシンを改善するために大規模な開発戦争になることを予想している。今季は1億4000万ドルの予算上限が設けられており、それを破らないように支出を慎重に判断する必要がある。

ただし、一部のF1チームは、制限によってすべてのアップグレードを提供できないという現実に直面しており、ライバルチームは、より多くの開発作業に資金を提供するために金融規制を活用する方法を見つけようとするかもしれないという懸念がある。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、予算上限がチャンピオンシップ争いで決定的なものになる可能性があると考えており、F1は誰も上限を超えないことを保証する必要ががあると語る。

「予算上限は開発の速度に影響を与えるだろう」とマッティア・ビノットは語った。

「それは重要な要素だと思う。開発戦争において形勢を一変させる可能性があるため、適切なポリシングを確実に行う必要があるというのが私の懸念だ」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームはアップグレード計画に関してはるかに戦略的でなければならないと述べた。

「今年はほとんどすべてのチームが制限にかなり近づいていると思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「非常にアグレッシブな制限であるため、開発に資金をどのように適用するかについて非常に戦略的でなければならない」

「できるだけ速く走り、車からできるだけ多くのパフォーマンスを得るのではなく、むしろコストに基づいて、はるかに選りすぐったものを選択する必要があると思う。したがって、効率性が重要となる」

マッティア・ビノットのコメントは、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリからの同様の発言がきっかけとなっている。ドミンカリは、2022年の予算上限の実施について2つの懸念があると述べている。

「1つ目はコントロールの問題です。規制しなければならない人が何かを見逃せば、システム全体が崩壊してしまう」とステファノ・ドミニカリは語った。

「今日現在では、技術面だけをチェックするだけでは不十分であり、厳格な財務管理も必要だ。そのため、FIAは保証人としての役割をさらに強化するための準備を整えている」

「2番目のポイントは、金融規制の開始時に予測することが困難であったいくつかの変数に関連している」

「インフレは予測不可能な方向に進んでおり、輸送費もここ数週間で予測が難しい方法で上昇している」

「適切な解決策を見つけるための議論があるが、常にすべての人に同じ可能性を保証しなければならないという原則を中心に据えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ