フェラーリF1代表、ルイス・ハミルトンの“数か月先にいる”発言を却下
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ルイス・ハミルトンのフェラーリが“数か月先”にいるとの主張には否定的であり、メルセデスF1が前にいるのではないかと冗談交じりに語った。

スクーデリア・フェラーリの2022年F1マシン『F1-75』は、F1バルセロナテストで印象的なスタートを切っており、美しいレッドのカラーリングを纏ったF1マシンにティフォシたちはようやく楽観的になる理由を見い出している。

フェラーリ F1-75は、F1バルセロナテストで429周という最多距離を走行し、最も信頼性のあるマシンとなった。シャルル・ルクレールは2日目にタイムシートのトップに名を連ねた。

この改善により、F1パドックの他のメンバーは、メルセデスF1のドライバーであるルイス・ハミルトンとともに、スクーデリア・フェラーリの飛躍を予測しており、ライバルよりも数か月先を行っている可能性があることを示唆した。

「フェラーリはおそらく2021年マシンであまり開発を行わっておらず、今年の車にすべてを集中したと思う」とルイス・ハミルトンはカタルーニャ・サーキットでの初日後に語った。

「それは彼らが数ヶ月先にいることを意味するだろうか? チームは数か月先にいるのか? どうなるか見てみなければならない」

しかし、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットはその提案を笑い飛ばし、バーレーンでの最初のレースではメルセデスF1が前に来るだろうと予測した。

「我々がバーレーンに来るまでに、彼らは我々より2~3か月先を行くと確信している!」とマッティア・ビノットはSky Sportsに冗談交じりに語った。。
「今日現在、チーム間のパフォーマンスと相対的な競争力を判断することは非常に難しいと思う」

「我々にとってここで重要なのはデータを収集することだった。我々が走り込んだ周回数には満足できると思う。すべてはマラネッロで分析される」

シャルル・ルクレールも周囲の期待を緩和する。

「自分自身がP1にいるのを見るのはいつでもいいことだけど、それは何の意味もない。かなりフィーリングはいいけどね」とシャルル・ルクレールはFormula1.comに語った。

「僕たちがやりたかったすべてのテストを実行できた。それはこのテスト中に行いたい最も重要なことであり、可能な限り多くの走行距離を走り込んだ。そして、大きな問題なく実行できた。

「その点に関しては、ポジティブな最初のテストだったけど、パフォーマンスの観点からは今のところ何も言うことはない」

「その一方で、僕たちは集中してこれまで以上に一生懸命取り組んでいると思う。もちろん、P1を見るのはいつでもいいことだけど、それは何の意味もない…チームの誰もがそれを分かっている思う」

「僕たちはパフォーマンスにまったく焦点を合わせていない。僕たちは自分自身に焦点を合わせている。今、僕たちはすでにバーレーンに焦点を合わせている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ