フェラーリF1、2022年F1マシンで“勇敢”なコンセプトを採用
フェラーリF1は、新レギュレーションに沿った2022年F1マシンの作業を順調に進めており、報道によると“勇敢”なコンセプトが期待できるという。

多くのF1チームは、次世代F1マシンと代替わりする2022年のF1レギュレーションを楽しみにしており、より緊密なレースとオーバーテイクを促進するように設計された新車が、グリッドで順位を大きく上げるための最適なプラットフォームを提供することを期待している。

おそらく、2022年シーズンに向けて最も野心的なチームはフェラーリであり、トップ争いに返り咲くことができなければ、そのシーズンは失敗と言えるとすでに述べている。

2020年に悲惨なシーズンを送ったフェラーリF1は、2021年に競争力を取り戻しており、コンストラクターズ選手権で3位を巡ってフェラーリと戦い、これまでに2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得している。

次のステージは、完全に新しい2022年F1マシンとなるが、イタリア人ジャーナリストのジュリアーノ・デュケッサがこれまでにフェラーリF1で行われてきた作業の最新情報を提供した。

「フロントウィング/ノーズが定義され、非常にアグレッシブで、シルバーストン(リバティメディアが2022年のフルサイズモデルカーを展示した)で見たものとは大幅に異なりる。信頼できる情報源から聞いた話だ」とジュリアーノ・デュケッサは述べた。

「図面に関する限り、燃料タンク、シャシー、サスペンションの図面は完成している。それは常にすべて相対的だが、シミュレーターから出てくるデータは満足できるものだ」

「技術レベルでは、約40人の新しいシミュレーションおよび設計スペシャリストがマラネロに到着した。各部門の移植により、気を散らすものを減らし、細部に効果的に取り組むことが可能になった」

もちろん、フェラーリF1が今知りたいのは、彼らが構築している2022F1マシンが、レースに勝つために十分な競争力を持つかどうかだ。

当然、フェラーリF1はまだそれに答えることができないが、この目標を達成するための試みは明らかに“勇敢”に設定されているという

「フェラーリ 674(プロジェクトに付けられた名前)が勝つための競争力があるかどうかは誰にもわからない。マラネッロでさえそれを知ることはでいないが、収集されたシグナルによると、2022年のためにかなり勇敢なもの期待できるようだ」とジュリアーノ・デュケッサは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ