フェラーリF1代表 「コンストラクターズ選手権3位は射程圏内」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1の2強チームの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”のポジションが再び射程圏内に戻ったと考えている。

最近、マッティア・ビノットは、コンストラクターズ選手権でマクラーレンを捕らえて3位になることは、2022年のレギュレーションに合わせてまったく新しいマシンを準備することに比べればはるかに優先度は低いと語っていた。

しかし、F1イギリスGPでは、シャルル・ルクレールが、ルイス・ハミルトン/マックス・フェルスタッペン事件の後、残り3周でハミルトンに抜かれるまでレースをリードし続けた。

事故が起こったコプスでルイス・ハミルトンに抜かれたシャルル・ルクレールは「最初のラップで起こったことを見ていたので、リスクを冒したくはなかった」と語った。

「僕は世界選手権をかけて彼と戦っているわけではないからね」

「だから、念のためにもう少しスペースを残していた。出口でスナップしてしまったけど、抜かれるのは時間の問題だった。ルイスは速すぎた」

「とにかく2位はチームにとって良いことだ。でも、勝利にとても近かったと思う」

シャルル・ルクレールが、シルバーストンで優勝に非常に近づいていたのは確かであり、マッティア・ビノットはもはやフェラーリにとって総合3位は失われたポジヨンではないと語る。

「今のフェラーリは3位に達することができる」とマッティア・ビノットは Sky Italia に語った。

「それは我々の野心ですが、目標はあらゆる面で改善し続けることだ。3位は我々が行った仕事の結果としてついてくるだろう。夢を見ることは可能だが、現実的でもなければならない」

「前で何かが起こらなければならなかった。そして、それは起こった。フェルスタッペンがすべて無事だったことをうれしく思っている。我々はメルセデスと同等ではなかった。ハミルトンは我々より速かった」

しかし、マッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールがレースに勝つことができなかったことに失望していると語る。

「残り2周で起こったので残念だ」とマッティア・ビノットは語った。

「しかし、フランスでの惨事の後、この結果は我々にとって重要です。それが最も重要なことだ」

「ルクレールは週末を通して良かったが、サインツはピットストップで運が悪かった。しかし、彼の前がクリアになったとき、彼も非常に速いラップをしてた」

マッティア・ビノットは、フェラーリがハンガリーでの夏休み前の最後のレースにこのフォームを持ち込むことができると確信している。

「過去数レースは我々の進歩の前兆であり、ハンガリーは我々のマシンにより適したトラックだ。だが、そこに行って、フェルスタッペンやハミルトンよりも強いとは考えられない」とマッティア・ビノットは語った。

「すべてのレースにサプライズがあるのを見てきたし、我々は戦うためにそこに行く」

現在、フェラーリは、コンストラクターズ選手権3位のマクラーレンと17ポイント差の4位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ