フェラーリF1、日本企業のレディオブックとのスポンサー契約を延長
フェラーリF1は、日本企業のレディブック株式会社と公式パートナーシップ契約を延長したことを発表した。

昨年、レディブックは、日本企業として13年ぶりにスクーデリア・フェラーリと公式パートナーシップ契約を締結。レディオブックの正方形の『R』ロゴは、オーストリアGP、イタリアGP、アブダビGPでフェラーリのF1マシンに掲載された。

今回の契約でも、選択されたグランプリでシャルル・ルクレールとカルロス・サインツのマシンにレディオブックのロゴが表示され、F1シーズン全体のピットストップチームのオーバーオールにも表示される複数年のパートナーシップ契約に署名した。

レディオブックの「R」ロゴには、パートナーシップにつながったリサイクル、再利用、修理など、両社の哲学の重要な部分である持続可能性についての重要なメッセージのいくつかが反映されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン