フェラーリF1、レーシング・ポイントの合法性についてFIAに書簡
フェラーリF1が、レーシング・ポイントのF1マシン“ピンクメルセデス”の抗議に加わった。

レーシング・ポイントF1のテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、昨年のメルセデスに酷似していることからつけられた“ピンクメルセデス”というニックネームが嫌いだと語る。

「エンジニアの仕事がそんな風に信用を傷つけられるのは本当に間違ったことであるし、行き過ぎている」とアンディ・グリーンは Auto Hebdo は語った。

ルノーF1は、第2戦シュタイアーマルクGP、第3戦ハンガリーGPに続き、先週末の第4戦F1イギリスGPでもレーシング・ポイントRP20のブレーキダクトの合法性について抗議を提出している。

だが、他の多くのF1チームも、2019年のメルセデスW10の写真だけに基づいてマシンを設計したというレーシング・ポイントの説明は明らかに真実ではないというルノーF1の主張を支持している。

「このようなことは、ピットレーンまたはパルクフェルメで撮影された写真では不可能だ。スキャンが必要だろう」とマクラーレンのF1チーム代表アンドレアス・ザイドルは語る。

アンディ・グリーンは、ブレーキダクトの設計が以前のレギュレーションの下でメルセデスによって合法的に供給されたパーツに基づいていたことを認めている。

「2019年にブレーキダクトに関する情報の移管はかなり合法だった。我々のデザインのためのスタート地点としてそのデータを使用している」

「ルノーは2019年シーズンに2020年のレギュレーションを適用しようとしている」

しかし、ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2020年にルールが変更されたとき、ハースはフェラーリのブレーキダクトの使用を停止しなければならなかったと述べている。

「3人のエンジニアを雇い、我々独自のブレーキダクトを開発し、製造するためのツールを構築した」とギュンター・シュタイナーは Auto Motor und Sport に語った。

ただし、ブレーキダクトの問題は氷山の一角にすぎない。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは、写真に基づく完全な車のコピーが許可された場合、2021年にレッドブルがアルファタウリにフルシャーシを供給することをすでに警告している。

そして、現在ではフェラーリF1がこのストーリーに加わった。 Sky Italiaによると、フェラーリF1は明確化のためにFIAに手紙を書いたという。

スチュワードは水曜日にシルバーストンで会合し、ルノーの抗議を検討する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レーシングポイント