フェラーリ 「F1エンジンの設計の合法性に疑惑をかけられるのは心外」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームのF1エンジンの優位性は“誇りに思う”べきものであり、エンジン設計の合法性に疑惑をかけられるのは心外だと述べた。

数チームのライバルは、フェラーリのF1エンジンの優れたパフォーマンスの背景にあると考えられる技術の合法性についてFIA(国際自動車連盟)に明確化を求めたと報じられている。

フェラーリは、正式な抗議を異議申し立ては歓迎だとし、それによって批判家たちが間違っていることを証明できると述べた。

「我々はパワーユニットのパッケージを改善するために一生懸命努力してきた。我々のパワーユニットは2014年に規制が施行されたときにはベストではなかった」

「今、我々が前にいるのであれば、我々は単にそのことを誇りに思うべきだ。我々は明確にする必要がある。インターネットや新聞で読んだものはいくぶん心外なものだった」

「他のライバルは過去に優位性があったが、誰もそれを責めなかった」

「フェラーリとして、我々はパワーユニットに不利な点があった場合、私たちが力を注ぐのは、それに対処してパワーユニットを改善しようとすることだけだ」

「コメントを読んだり聞いたりしない方がはるかに公平なことだろう」

マッティア・ビノットは、フェラーリとしては“気にならないほどリラックス”しており、“我々よりも他チームの問題”だと語る。

「FIAはテレメトリデータを継続的に確認し、すべてのパワーユニットのレギュレーションへのコンプライアンスを常に確認し、毎年および全レースで検査している。抗議の明確な事実も、FIAに何か特別なことを示唆している人もいない」とマッティア・ビノットは語る。

「我々はその部分で優位性を持っている。おそらく人々が信じているほど大きくはないが、それはハードワークの賜物であり、非常に誇りに思っている」

フェラーリのF1エンジンの優位性は、一部のサーキットでは0.8~0.9秒のアドバンテージに貢献していると推定されている。

しかし、マッティ・ビノットは、その一部は主なライバルと比較して低いダウンフォースの空力哲学と、それに伴う低いドラッグにも起因していると主張する。

「我々はダウンフォースが最も高いわけではない。それは我々がコーナーでそれほど速くない理由を説明している」とマッティア・ビノットは語る。

「ダウンフォースが少なければ、ドラッグも少なくなる。それは明らかだ。ストレートでのアドバンテージは、低いダウンフォース、少ないドラッグ、プラス、エンジンのアドバンテージに組み合わせだと思っている」

だが、フェラーリはシャシー面も向上させており、弱点だったコーナリングにおける不足分を補っている。それにより、夏休み以降、6戦連続でポールポジションからスタートしている。

マッティア・ビノットは「マシンに行ったほどエンジン面は進歩していない」とし、「シーズン開幕以来、マシンにかなり多くのダウンフォースをかけており、その点でライバルに近づけるようになった」と語り、ストレートでの優位性がどうであれ、コーナリングでメルセデスとレッドブルの強みと実質的に競合できていると語る。

「そこは作業ポイントを選択におけるバランスだ。我々はストレートでアドバンテージを獲得しているように、我々は他がコーナーでのスピードが速いことを責めることはない」

「彼らはトリックを持っているので速いのだろうか? 私はそうは思わない。ストレートで我々にトリックがないようにね。マシンの管理方法と設計方法、それをどう使うかにすぎない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ