フェラーリ 「F1エンジンのパフォーマンスはまだ収束していない」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリのF1エンジンがわずかに優位性を持っていることを認めるが、他のエンジンメーカーが“収束している”とは考えていないと語る。

今年、フェラーリはメルセデスに対してストレートスピードで明確な優位性を享受してきたが、夏休み後にようやくその優位性をコース上でのパフォーマンスに変換することに成功。3連勝と4戦連続のポールポジションを達成している。

ホンダとルノーも2019年のF1エンジンでゲインを得ているが、マッティア・ビノットはまだフェラーリ、メルセデス、ホンダ、ルノーのエンジンパフォーマンスには明確な違いがあると考えている。

他の3つのエンジンメーカーが収束しているにも関わらず、フェラーリがエンジンで優位性を持っていることに驚いているかと質問されてマッティア・ビノットは「あなたが言っていることには完全には同意できない」とコメント。

「まず私は他が収束しているとは考えていない。4つすべてのマニュファクチャラー間にはまだ違いがあると思っている」

「我々にはよりパワフルなエンジンがあるかもしれないが、他のすべてがまったく同じレベルにいるとは思っていない」

「我々のアドバンテージがあなたが関ているほど大きくはないとおもっチエル。我々は他に対してかなり大きなデルタスピードがあったが、それはクルマとドラッグによるものでもある」

「より詳細な分析を行えば、確かに我々にアドバンテージはあると思うが、そこまで大きくはない。例えば、過去にメルセデスが純粋に最高のエンジンを持っていたときほどではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ