F1 フェラーリ メルセデス
元ルノーのF1チーム代表であるフラビオ・ブリアトーレは、フラビオ・ブリアトーレは、フェラーリが2019年にメルセデスを倒すことに苦労しているのは特に驚くことではないと語る。

フェラーリは、2019年の最速のマシンと目されて開幕戦を迎えたが、これまでのところ、開幕3戦ですべてメルセデスの1-2フィニッシュを許している。

「フェラーリの何が悪いか? 別に今に始まったことではないだろう」とフラビオ・ブリアトーレは イタリアの放送局 La 7 にコメント。

「クルマはこの8年間遅かった」

また、フラビオ・ブリアトーレは、フェラーリが2019年のチームプリンシパルとして、チームの“優秀”なテクニカルディレクターであるマッティア・ビノットを任命するというリスクを冒したと語る。

「マッティアについて、彼らは完全に専念することができないボスを置いたことなり、技術的な分野で迷子になる危険性がある」とフラビオ・ブリアトーレは語る。

フェラーリの今季のスピードについても「昨年と比べて何も変わっていない。彼らはメルセデスとのギャップを縮めることができていない」とフラビオ・ブリアトーレはコメント。

「すでに開幕戦からいつもの言い訳のレパートリーが始まっている。メルセデスが支配し続けることになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ