F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1オーストラリアGPでフェラーリが示した期待外れなパフォーマンスは例外的なものでなければならないと主張。弱点の真相を探っていくと述べた。

F1バルセロナテストで好パフォーマンスをみせたフェラーリは、F1オーストラリアGPに優勝候補と目されていた。

しかし、メルボルンの週末は金曜日から日曜日までフェラーリがメルセデスにとって脅威となることはなかった。

週末を通してセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、揃ってマシンバランスの問題を訴えており、メルセデスのF1チーム代表はフェラーリは単純にSF90の“スイートスポット”を掴めなかったのではないかと語っていた。

「メルボルンのコンディションは、バルセロナとは明らかに異なる。スムーズではなくバンピーだし、かなりも風が強い。気温も高く、気象条件も異なる」とマッティア・ビノットはコメント。

「我々のクルマのパフォーマンスに影響を与えたりしたかもしれない外的要因があったのは確かだと思う」

「しかし、トトよく知っているようだが、私たちがそれをウインドウと呼ぶことができれば、彼が言ったように我々は適切なウインドウを見つけられなかったか、もしくはクルマのバランスが適切ではなかった」

「それは我々が理解する必要があることだ。我々が確信していることの一つは、あれは我々のクルマの本来のポテンシャルではないということだ」

「ポテンシャルは確実に高いとかなり確信している。我々は、週末を通してそれを引き出すことができなかった」

マッティア・ビノットは、フェラーリはマラネロに戻ってその問題を徹底的に調べるとし、メルボルンがフェラーリにとって一度限りのパフォーマンス不足であるうことを確実にしていくつもりだと語る。

「バランスとセットアップに関して問題を抱えているときは、常に週末を通して状況に対処し、改善することを望むものだ」とマッティア・ビノットはコメント。

「それは起こらなかった。我々はすべてのデータを持ち帰って分析する必要がある」

「あれはシーズンを通して例外的なものでなければならない。しかし、私はそれが学ばれた良い教訓になると思ってる」

「問題がどこにあったのかを特定することができれば、さらに強力なって戻ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ