F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2019年のスタートで出遅れたことでパニックには陥っていないと主張する。

冬季テストでは優位に立っているとみられたフェラーリだが、先週末のF1オーストラリアGPではフェラーリだけでなく、レッドブル・ホンダにも上回られてしまった。

「我々はここで何が起こったのかをファクトリーで冷静に分析する必要がある」とマッティア・ビノットはコメント。

「我々には良いクルマがあると確信し続けている。まだレース週末で本来のポテンシャルを発揮できていない」

プレッシャーは“ナンバー1”ドライバーのセバスチャン・ベッテルにものしかかっている。マッティア・ビノットは、チームオーダーでシャルル・ルクレールにポジションを争わせなかったことでベッテルが4位で終えることができたことを認める。

「我々は結果を危険にさらしたくはなかった。我々にとってシャルルが彼を攻撃することは意味のないことだった」

ある時点では、セバスチャン・ベッテルは無線で『僕たちはどうしてこんなに遅いんだ?』とエンジニアに問いかけていた。

イタリアの La Gazzetta dello Sport は、セバスチャン・ベッテルは“貧弱”なパフォーマンスだったと早くも非難している。

「ルクレールの方がエネルギーがあったように思うし、彼はレース終了間際に後ろに留まるよう伝えられたことを公然と認めている」と同紙は報じた。

しかし、マッティア・ビノットは、自分は落ち着いたままだと主張する。

「今週末は予想外だった。我々は週末の間にバランスを改善できると考えていたが、そうはならなかった。今日はまだ答えは持っていない」

「だが、我々はこのクルマのポテンシャルを信じているので落ち着いたままだ。今週末は異常値だったと思っているし、繰り返されないことを願っている。我々にとって良い教訓だったかもしれない」

セバスチャン・ベッテルも、まだメルセデスやレッドブル・ホンダとチャンピオンシップを争えると自信をみせる。

「ひとつのレースが終わっただけだ。メルセデスはとても強いし、残りは遅れをとっている。でも、シーズンは長い」とセバスチャン・ベッテルは語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ